女的からだニツイテ。
31_image_230_311.png

通っているエステサロンから
女性のカラダについてのセミナーがあるヨ
ってなDMが来てちょうど時間があるし〜
くらいな気持ちで行って来ました☆


ただでさえカラダのコトってよくわかんないけれど
婦人科系ってもっとナゾ!

をぢこ、健康自慢だったのに
ある日突然生理がおかしくなって

ん!!?

ってな感じで不安におびえ通院すると
「あ〜4人に1人は今の時代なるから大丈夫」
なんてあしらわれた後、手術に至った経験があり…

そうゆうことがあってから気にはなるテーマではあるのですが
実際何か知識が身に付いたかといえばそうでもなく
今回は良い機会を頂きました。


広尾レディースの院長宗田聡先生
渋谷区の議会議員佐藤まりサン
eecotoの店長サン

のセミナー

皆さんとっても気さくでアットホーム
主宰店長さんの素敵なハカライで
Toshi Yoroizukaのオレンジタルトと珈琲を頂きながら
とてもリラックスした空気の中で
今迄聞きたくても聞けなかった
どこに聞いて良いかもわからなかったコト
たくさんきけました。

自分が手術を受けたとき
うちの家系にはあまりこーゆう病気になる人
いないんだけどねぇ〜と話をしていて

子供産まないからだよ

と言われました。

妹も母も祖母も子供2人以上産んでいて
こんな病気の経験もなく。


よく今の人は出産しないから
婦人科系の病気が多くて
「こんなの産めば治るのに」
とか聞いたのだけれど根拠まで知る人はいなく
その因果関係がわからずでしたが

女性のカラダは
10代、20代で出産をし
だいたい数人30代くらいまで妊娠出産を繰り返す
それが本来の姿だけれど妊娠しないとなると
その間、絶えず常に排卵を行うことになる…
んだそう。

納得自然の原理
妊娠中は卵巣もお休みが出来るわけで
…そりゃここらで疲れるよね。

欲しいさ、中休み(笑)

そんな感じでとってもシンプルにわかりやすく
いろいろ教えて頂きました。

先生の著作
『31歳からの子宮の教科書』
こーゆう知識全然ない女子おすすめ☆

女性議員さんの
子宮頸がんワクチンの費用負担のお話
区で負担出来るよう議会に持ち込んでくれたそう
女性議員ならではの配慮&熱意に感動

普段、市町村がなにか負担ってなコト
何気なく流してるけれど
あ〜こうやって誰かが案が通るよう頑張ってるんだ
って。

主宰店長さんの

本当は治る婦人科系疾患を予防出来ず
知人が余命宣告され苦しんでいるところから
少しでも多くの女性に聞いて欲しい

…から、おやつ付けたら
みんな聞きに来てくれるかな?と思って。

と、ケーキや場所代が不安になる参加費500円

みんなの素敵な思いがとてもあたたかく

わたしも30代
少しカラダのコトを気にかける事にしよう

と思った某日なのでした。



スポンサーサイト
2013-07-26 13:00 | そらもよう | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://wodi.blog14.fc2.com/tb.php/990-964e4df3
05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--