日舞と唄と。


第八回てんてこ一座公演
セシオン杉並ホール


なんやかんやで友人が出演してから
ずっと観に行っているてんてこ一座サン

おなじみの顔の人が踊っているのは
とっても安心
ちょっとした変化も楽しめるようになるっ

相変わらず友人は和服&赤い口紅が良く似合う


日舞はどんなもんだ、ってのがいまいちわかっていないのか
座長さんがすごいとか今までとくに感じなかったのですが
振りの表現が生きている事に今回気づきました…ふふ

終幕し、座長さんの最後の挨拶

『私、実は体調が悪くて、すみませんでした』

から始まり少しびっくり
今、とっても楽しい気持ちで手拍子ラストで終わったのだけれど
今日のは出来がよくないと暴露される…ううむ
なんて思ったのですが

その続きが

『でも若い人たちの力
 成長したみんなが支えてくれたおかげで
 安心してすばらしい公演できた』

ってな内容で

じ〜ん

って。

長年やってきた座長さんだからこそ
発して良いコトバ
長年公演を打つというのはそれだけですごいコトだものね

8年もやっていたら
ちびっこだった男のコも凛々しい学生に成長する

同じ顔がずっと居続けている現場

本当、それだけで拍手モノだ。

5年間、皆勤賞で観に来ているよ
と言われびっくり
自覚ないけれど、そりゃサクラ〜が唄える訳だ!!とw

終幕後〜きょこと目黒の料理人けんサンと撮影っ☆


都合が大丈夫な限り
友人が出演するならずっと観て行きたいなぁと改めて思った。





スポンサーサイト
2013-05-19 12:58 | みたきいたよんだ | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://wodi.blog14.fc2.com/tb.php/978-32a82c7e
05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--