インドで暮らす。
木陰で旅人が休んでいました

疲れて寝てしまった旅人の顔に
木の葉の隙間を縫って強い日差し当たり
旅人は寝苦しそうでした

それを見かねた白サギは
旅人の頭上の枝にとまり、羽を広げて影をつくり
旅人の顔に日が差さないようにしてあげました

強烈な日差しの中、白サギが暑さを我慢して
日よけになってあげたおかげで旅人は心地よく眠っています

それを見ていたカラスが白サギに言いました
「そんな何の得にもならないことをするなんてバカげてるな」

白サギは答えます
「旅人は疲れているんだよ、ゆっくり休ませてあげたいんだ」
そんな白サギを嘲笑い
カラスは旅人の顔にフンを落として飛び去って行きました

目を覚ました旅人は、顔に落とされたフンをぬぐいました

頭上には白サギがいます

「いまいましい白サギめ!顔にフンを落としやがって!!」

怒った旅人は持っていた弓矢で白サギを射落としてしまいました…



―教訓―
余計な世話は焼かないようにしましょう。




20110726001.jpg

ミュージカル公演が終わり
頭は9月のインド旅行モードのをぢこサン。


インドと言えば、カレー!!!


…くらいの乏しい知識しかないので
こりゃいかん、と旅をもっと楽しいものに出来るよう
なにかインドの本を読もう、と図書館でみつけたのが

杉本昭男さんの「インドで暮らす、働く、結婚する」

なかなか興味深くて2日で読み終わってしまいました♪

インドでの暮らしや習慣がリアルにわかって面白かった~っ

ちなみに最初に記してある白サギとカラスのお話は
インドの小学校の教科書に書いてあるお話だそうで
日本とは違った展開に圧倒されたのでちょっと抜粋を…

きっと日本の教科書だったら旅人が白サギさんに
何かカラスが羨ましがるお礼をしたりする~ってな展開で
親切にしてあげることは良いことだ!
みたいな感じになるんでしょう

こりゃ考え方違ってあたりまえだ~(驚

他にも仕事が細分化されていることで
トイレ掃除は「トイレ掃除専門の職業の人」しかしないから
日本の飲食店とかで配膳やる人もトイレ掃除する、なのが
あり得ない…とか、文化の違いが楽しくわかります

いやいや、益々楽しみなインド旅行。

他にもおすすめのインド的本とかあらば
ぜひ教えて下さいね~っと

スポンサーサイト
2011-08-04 12:32 | うみのむこう | Comment(4) | Trackback(0)
Comment
公演お疲れさまー!
インド行ってらー!

世界っておもろいねえ。
住んでる場所違うと文化も違う。

んまいカレーも食べてきておくんなまし。
あをたま 2011/08/09(火) 13:09:56) 編集

あをたま>
おいしいカレーに出会えるかは謎だけれど…ふふふ。
ラッシーやチャイも楽しみっ☆
をぢこ。 2011/08/15(月) 13:08:39) 編集

インド行くんですか!
ガイドブックじゃないけど、たかのてるこさんのガンジス川でバタフライはいいですよ~。
バックパックで行くなら旅行人ノートが一番のお勧めです!
www.ryokojin.co.jp/
ぴん 2011/08/19(金) 17:43:53) 編集

ぴんさん>
おひさしゅうございます~☆わーい。
今回はバックパックではなく女子3人でプチセレブ旅なのです。
ガンジス川でバタフライ見たいと思って見てなかった~見るっっ!!
旅行人ノートも面白いっ。
暇なときゆっくりサーフィンしまっす(^^)ありがとう
をぢこ。 2011/08/25(木) 17:17:12) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://wodi.blog14.fc2.com/tb.php/811-3dfea34b
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--