嫁をオークション
20110513001.jpg

猫舌コンプレックス 旗揚げ公演
『嫁をオークション』
シアターグリーンBASE THEATER


過疎化で女がいないので嫁不足
とあるド田舎な村の男たちと
オークションで購入してみた女がスナックで繰り広げるお話。

チケットプレゼント頂きました~感謝☆


何回も繰り返されるナンセンスな台詞や情景は
うまくいけば面白いはずなのに
それが空回って仇となってしまっていた気が~

…といいつつも
ママの「はいよ~」とか先輩のゴキブリとか
良いか悪いかはわからないけれど印象には残ったり。


ストーリーは
前半はコントっぽいアンダーグランドな感じで
ある意味無垢でおバカさんたちの日常が
たんたんとしていて面白かったりでしたが
後半、女の本性にスポットが当たってから
個人的には無理がありすぎてちょっとNGでした

…が、
最後、身籠って大きくなったおなかをさすりながら

「誰の子かわかんない」

と、女が穏便でない台詞をさっぱり言い放ったとき
普通ならこんな軽く言えない台詞なのに
村の男たちのそれでも待望の子だと喜んでいる姿が
異様で小さな衝撃を受けた

前半あまりストーリーがあまり展開されずこれでもか!
と男たちのバカっぷりにスポットが当たっていたので
「こいつらなら喜び兼ねん」とこのシーンの成立を感じてしまった

と、面白いシーンもあったけれど
演目から受ける期待通りのものではなかったので
チケプレでなかったらちと残念だったかも…

「色」はしっかりある気がしたので
これからの活動に期待っってな作品でした。
スポンサーサイト
2011-05-13 16:40 | みたきいたよんだ | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://wodi.blog14.fc2.com/tb.php/800-7e24c101
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--