手話とか。
20110417001_20110418100534.jpg


は~とふるはんど
『8月9日の記憶 ~ナガサキで被爆した聴こえない人たち~』

渋谷区総合文化センター


お誘いを受けて観劇。

渋谷からすぐの総合文化センター
とってもきれいで広々気持ちいいホール

小演劇にどっぷりつかっていたら
なかなかなさそうなホールで思わずうっとり。

このは~とふるはんどサンは
耳が聞こえない人と一緒にパフォーマンスをすることで
健常者、障害者の垣根をなくし
心のバリアフリー化をめざしている団体サンとのことで

手話を交えた演劇、ダンスパフォーマンスなどのステージでした。

ホール同様、なかなかこういう機会がなく
手話と演劇、というのは初めての体験。


耳が聞こえない役の人の
手話を交えた悲痛なことば(演技)に
始まって数分しないうちに涙っ
はやっ!!笑

戦争時のお話で
原爆が落ち、なにがおこったかわからない
耳が聞こえない人たちには情報を入れる方法がなく
とてもつらい思いをした、ということを知りました。


耳が聞こえるのが普通な私たちにとっては

地震がおきた!

どう危険でどう安心で、どうすれば良いか
という情報は普通に入ってきて
情報があってもそれでも不安だったりするのに

情報が入らない人たちは

どれだけの不安だろう。


…情報があふれすぎていて
どれが本当かわからず不安、ってな
今の現状は、まぁおいといて。


戦時、障害者さんは
読み書きがあまり勉強させて貰えなくて
原状把握すら出来なかった…

今、日本はどんな状態で
どこに行けば配給が貰えるか

知らされない人もいたって。


今回の震災でも
小さなそんなことがいっぱいあったりしたかもしれない

自分はいまんとこは何もないけれど
情報を伝えることだけでも励みになるんだって知ったから
「こんな小さいこと…」
って思わず、何か出来る人でありたいな

…何かはやっぱわからんでなんやねん、って
てんぱって関西弁出しちゃうくらいまとまらず。

にんにん。


個人的には
青山えりかサンがとってもキラキラで~
木城瞳サンのほんわか笑顔で~
癒されました☆

そして何も前情報知らずに見に行ったのですが
田嶋陽子さんがいらっしゃってばっちり歌をお聴き出来ました☆

…今年70歳って聞いてびっくり!!

髪にメッシュ入れて
ピンクのドレス着て
70歳になっても若々しく舞台でうたう

素敵…っす。



やはり手話を交えることで
若干テンポが悪く睡魔に襲われそうでしたが(こら)
それも良しとするあたたかい客席の空気
この頃あまり感じない良いものでした☆

何より観客が『楽しみたいっ!』って発してる舞台って
いいな




と、普段とは感じないことを
感じ、考える機会を頂けた良いステージでした。
スポンサーサイト
2011-04-17 10:04 | みたきいたよんだ | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://wodi.blog14.fc2.com/tb.php/791-6c4f7029
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--