人生はショータイム!
20101003.jpg

全労済ホール/スペース・ゼロ提携公演
『人生はショータイム!』


1980年代、赤坂にあるショークラブ「コルドンブルー」
ショーと恋に人生をかけたダンサーたちと天才演出家のお話…。


初のスペースゼロ
場所も客席数も雰囲気も程よいなぁ~


お仕事のお話を頂いたので
もぎりっこしてまいりましたー。

田植え(パンフレットを客席1席1席に置いて行くこと)
とかもいつもの小演劇のような座席数よりでかいので
腰が痛かったけれど好きな地味作業…

小演劇の受付と商業演劇の受付の違い
いろいろあって面白いです。
今回もお花がたくさん受付にあったので
お花の管理やイモ虫駆除なんかもあったりして…

いつも小演劇と商業演劇を比べてはいろんな思いが浮上しますな。



作品~内容はシンプル。
ダンス、やっぱすんごいキレイな人はキレイ!

劇中にオーディションの話があり演出家が言うことば

『スタイル良くてもブスはとらん。美人でもデブはとらん。』

まったく、そうなんだよなーと。
デブって言ってもきっと普通の日常を送る人たちの中では
全然細いんだけれどデブって言われちゃう業界…こあいよな。

去年やったキャバレー公演と通ずる演出やエピソードがちょこちょこあり
面白かったなぁ~田舎から出て来た田舎娘のサクセスストーリーだわね。

安田圭ちゃんTVよりかわいかった!
ROLLYの生歌生ギター、素敵だった!
なんか愛せる役作りで良かった~
あと元売れっ子マザコン俳優さんも素敵だった!
いつでもハイテンショーン。
いいな、あぁゆう役を成立させれる人。


エンターテイメントってやっぱ良い、
と再確認した作品でした
スポンサーサイト
2010-10-05 14:34 | みたきいたよんだ | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://wodi.blog14.fc2.com/tb.php/767-b9a451a4
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--