ロッキン・ローリン・サンシャイン・グラウンド
20071201.jpg
連続模型
『ロッキン・ローリン・サンシャイン・グラウンド』

中野・ウエストエンドスタジオ

毎日、ただ機械のように動けば上がる作業効率
労働者に自由はなし、そんな職場に落ちるネジの主と生きるとは~ななんとなーく話


あんま内容覚えてないんだけど(こら)
言葉遊び・絵遊びがとても好みだったり

「悔しいから、太陽が上がる間は生きるコトにした」
この女子高生のたんたんとした、生きることになにも希望を持たない
ネジがはずれてしまった、な演技がとても素敵で印象的
かわいい・・・萌え(爆)

生演奏って難しそうなんだけどラヂオDJってこともあって生かせていたなぁ~って

POPな中に重々しい言葉がねじ込んである
あともー1回くらい見てみたい劇団サン
スポンサーサイト
2007-12-01 17:24 | みたきいたよんだ | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://wodi.blog14.fc2.com/tb.php/541-c106e162
07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--