ええっと、はい。ラブホの前です。
木場公園でバーベキュー☆
夏の昼間の太陽は気持ちかった。(ちょっと頭イタくなったけど/笑)
30人でダラダラ~
日陰でマイペースに食べてる人、呑んでる人、しゃべる人。
みんなにお酒をついでまわる人。
炎天下の中、頑張って木炭に風を送るためうちわをあおぐ人。
熱い鉄板で肉をひたすら焼く人。
ほんとこうゆーとき人が出る。

普通をぢこの呑みの席での行動は・・・
「イロイロな人に気を使い酒を振舞いひとまず全員としゃべる!」か
「なにも気にせず“おまえ女か!”と突っ込みがきそうなくらい呑み喰いする!」
のどちらかで両極端。
今回は後者に徹したのだ。

隣の男がお酒がなくなろうもんなら
「これ呑めー」と声はかけるが
「手酌上~等」と言いながらお酌はしない。あげく
「俺にもつげ~」と注がせる。何様だ。
そしてかかっているBGMが大好きなBzの「恋心」になった途端大声で熱唱。
をぢこにつられて皆も合唱(笑)

素敵なダーリンゲットなチャンスはこの行動をとった時点で皆無になるが
他にかわいい気が利く女の子が同じ席にいた場合、
女の役目はその子にしてもらい(1人いれば十分だろ)
自分は汚れキャラに徹する。
このほうが場は盛り上がるのだ。(気楽だし)

大抵の人には「ガサツな、オモシロい、女」と思われるがたまに
「そんなに気を使わなくてもいいのに(^^)」とをぢこのコレをわかってくれて
変人扱いしない人と会うとその人とは仲良くなれるから世の中ステキ。

それにしても昼間から呑みすぎた(笑)

昼間の酒の魔力も手伝ってかちょっと気にかかる男がいた。

今回のBBQの幹事サン。
1回目会ったのは今から6ヶ月くらい前。
とてもノリの良い人でやたらしゃべる、盛り上げる。
職業を聞くとどうやらやりてな営業マン。納得。

2回目はそれから2ヶ月経ってから居酒屋で。
遅刻をしてしまい、もう良い雰囲気の中に入っていくのは面倒くさいなぁーと
端っこで適当に飲もうかな、と思っていたをぢこをみつけて
「久しぶり~~!!元気かぁ友達できたかぁ」
と声をかけてくれたのはとても嬉しかった。
あんな大勢の中、しかも2ヶ月前、たいした話もしてないのにのに。

そして今日。
「おめーなかなか顔出さねーけど元気だったか?」やっぱり声をかけてくれて。

彼は肉を焼き、みんなに食え喰え振る舞い、大きな声でみんなを盛り上げていく。

今まで元気なにぃちゃん、としか認識していなかったのだけれども
日焼けして汗かきながらテンション高い彼をみてたら「なんかいいなぁ」って思った。

2次会はカラオケでやっぱりみんなで熱唱。みんなすんげー大声(笑)
それも終わり、電車に乗る。

本を読んでいると電話が鳴った。奴からだ。

「今から一緒に呑みにいこー」
 「え~、もう電車乗っちゃったし。今もう巣鴨だし」
「いいって、来いって」
 「でももう疲れたし~面倒くさいー」

・・・と、結構話しているうちに引き返す為に途中の駅のホームに降りた。
正直ほんとにヘトヘトで帰りたいのとまだ8時半だし、と言うので迷ったんだけど。
「そんなコトいってんから彼氏できねーんだよ」このコトバが決定的(笑)

「駅、着いたんだけどー」
んじゃぁ、中央口降りて、そこのマルイを見て右に曲がって突き当たりを左で・・・
と説明されてそこに来い、という。
最初はせっかく誘われたんだし、引きかえしたんだし、と思い
言われた道を進んで行ったが
歩いているうちにだんだんハラが立ってきて

「もういい~面倒くさくなったで帰るー」
となんの前置きもなく電話がつながった途端ムカついているのが丸わかりな声を発していた。

それでもなんとかなだめられ、確かにココまで来たんだし
酒の1杯でも飲んでからでも帰るのは遅くない、と思い直す。

やっとで会った彼にはムカつきでもはや何も感じず(笑)
どこがいい、と聞かれ、どこでもいい。とふてくされながら言い返した。



ええっと、はい。ラブホの前です。

「あ~、そうゆうコトなら帰ります」とにこやかに踵を返す。
え?待てよ、とうろたえる奴の声に振り向きもせず歩いていく。
この頃、あまりにもこうゆうコトが普通にあるので別段ショックを受けるわけでもなく、
はいはい、またですねぇ~とあしらうのはもう普通のコトだった。
こんなコトに慣れっこになってしまう自分がイヤなんですが
この展開はやっぱ、私のがわるいんですかね。
これは男女の普通なんですか?

来た道を戻り、電車に乗り込む。
続きが気になっていた途中読みの本を読みふける。
おもしろいくらいにさっきのコトは忘れていた。

家に着き、風呂に入り、撮っておいたビデオを見ながらくつろいでいると
電話がかかってきた。

「さっきは悪かった」

私はほんとなんでもなかったように「いいよー」と言う。

それはほんとに私に対して悪いと思っているのか
幹事として次、来てくれなくなったらイヤだからかはわからないが

その電話で私はまた「ツナガッタ」と思った。
恋愛感情は微塵もなくなったがこうなった後の付き合いというのはまた楽しい。


考えってみると誘ったのにキレだすし、何様だ、なところ満載な女だ。
(普通誘って「面倒くさい」といわれた日にゃ・・・)
この女王様気取りな男に上からモノを言う女っプリを
自然と力で押さえつけてくれるくらいの男でないと自分はどんどん調子に乗るな・・・

どうしよう(笑)
スポンサーサイト
2005-07-31 14:53 | そらもよう | Comment(4) | Trackback(0)
Comment
恋愛感情は消えたとしてもまた『ツナガッタ』って思えるのがすごい。
私なら全面否定してしまいそうなのに。オットナー。
あを 2005/08/01(月) 15:18:32) 編集

つーかすごいっすね。
なにが凄いってその男の人。
ラブホに行くのに前振りなしですかw
オラの中ではありえないっすねぇ
オラも変わり者って言われまくってるので、
もしかしたら普通そんなもんなんですかねぇ(;´Д`)

オラはいいも悪いも思ったこと全部口にでちゃうから
『一緒にいよう』とかさ、なっかいっちゃいますよ(〃▽〃)キャッ

相手の心を読める技術はあってもねぇ
100%じゃないですからw

まぁそのステキ営業マンの人は自信あったんでしょうねぇ
でも男としては空振りスキル参考にしたくないですw
hiro 2005/08/01(月) 21:20:36) 編集

・・・だったんでしょうねぇ。

大人、というか経験上、こういうコトがあったけど切れない人とは
最初にぶつかったものが大きいだけに付き合い方が面白くなる場合が多いので。
全面否定してしまうとその面白さを味わうチャンスを逃してしまうのですよ。
(所詮、わたくし論ですが)

私はラブホ行くのに前置きされるとかえってイヤになるんですよ。
たとえ、自分がその気だったとしても
「ホテル行こっか」といわれると
「え、無理だし」と冷ややかに言ってしまいます(偏屈天邪鬼)

この時点でやっぱりおかしいです(悩)

どうなんだろう、よく世間一般的には
「男の家に上がるイコールOK」とか
「飲み会の後はホテルお持ち帰り前提で女も着いていく」とか
あるじゃないですかぁ!
電話でOKした時点で「今日はOKよ」なんでしょうか・・・

まぁhiroさんはそんな人じゃないみたいで良かったです。
マネしちゃダメよん♪(しないか)

をぢこ。 2005/08/02(火) 18:15:29) 編集

をぢこさんは偏屈天邪鬼っと..._〆(゚ー゚*)(メモってどうする

>「男の家に上がるイコールOK」とか
>「飲み会の後はホテルお持ち帰り前提で女も着いていく」とか
>あるじゃないですかぁ!

ねぇっすよ。。・゚・(ノД`)・゚・。
そんな夢のようなシュチュエーション。

俺の日頃の努力が足りないんですかねorz
hiro 2005/08/03(水) 14:51:44) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://wodi.blog14.fc2.com/tb.php/44-41c3e913
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--