八つのまめ
口まめ
コミュニケーションを円滑にするため
きちんと挨拶をし、誠実をもって話し合う
(おしゃべりとは異なる)

耳まめ
自分が話すよりもまず人の話をよく聞く
口はひとつしかないけど耳は2つあるんよね
(話し上手は聞き上手)

手まめ
人の話をただ漫然と聞くのではなく
肝心なとこは手を使ってメモをするくらいの努力はする
(何よりもすぐれた触覚)

足まめ
必要なことは自分で気軽に出かけ足で見るように心がける
(百聞は一見にしかず)

気まめ
相手のことを思いやって細かく気配りをする
(相手をねぎらう気持ち)

筆まめ
メールばかりの時代であるが
むしろだからこそ手書きの手紙が相手の心を和ませる

小まめ
はじめから大きいことを狙わずに
小さなことを小まめに積み重ねていく

人まめ
世のため人のために一生懸命に尽くす
人の世話になるばかりで
こちらが何かしなければやがて人も離れていく
(ぎぶあんどていく)

新田俊男:文抜粋

・・・まめかぁ~
豆料理ってあんま好きじゃない
居酒屋で必ずと言っていいほど皆が注文する枝豆
大好きだったらい~のになぁ~
あんま好きじゃないもんな~
って目の前にあったら好きじゃないのに
結局つまんじゃうんだけどさ~(悩)

大人になってからよく言われるようになったのが
『をぢこって意外だけどマメだよね』
う~、自分やってるコトがさついから
あんま自覚なかったけど結構まめらしい(ビックリ系)
この8つん中では足・耳・筆かしら(とくに足!!)

・・・ま、でも
『私まめな方』って申告出来るほどはまめじゃないかなぁ
(どっちやねん)


ヒトと上手くコミュニケーションをとる方法~
みんなはどんなまめを持ってるかしらん。
スポンサーサイト
2006-08-24 18:15 | そらもよう | Comment(2) | Trackback(0)
Comment
血まめくらいかなぁ・・
あとペンダコ・・・これは『手まめ』に入りそぅ。

一番好きなのは『小まめ』♪
小さなことからコツコツと!
キヨシ師匠 いぃっすょね!!

おっきぃコトは自分には不似合い
見合った大きさで無理せず頑張りんゴ☆
これモットーね

をぢこ。なっとう喰えョ。
なっとうは枝豆だぞぉ。
sato 2006/08/29(火) 16:27:00) 編集

satoサン>
血まめは関係ありません。
自分に見合った大きさで・・・とても良い言葉です、はい(反省中)

納豆食べたくありません
豆は全般ダメな方向です
をぢこ。 2006/08/30(水) 10:47:13) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://wodi.blog14.fc2.com/tb.php/287-85ac5768
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--