8000円のエンターテイメント


『アラタ ~ALATA~』
Alternative Theatre



相方がご招待券を頂いてきたので行ってきました☆

アルタが主催している新しいシアターの杮落とし
ダンスと殺陣中心のノンバーバルエンターテイメント

ロビーではいろんなパフォーマーがお出迎えしてくれました!
演目とか装飾とか和~な感じ
場所柄としても外国人ターゲットですかね

面白かった!

けれど

あの内容なら30分とかで充分かな

殺陣→やられる→太鼓たたく→復活する→敵現る→殺陣→やられる→太鼓…

の繰り返しで構成で

ほぼ主人公1対複数の殺陣、主人公ソロダンス&群舞で
多分振付師さん同じなので全部似たような印象のものなのです

みんな素敵なのでメインの2人以外のオフダンスシーンとか
サイドストーリーとかあったら尺も埋まってバリエーションも上がって面白いのになぁ~
って思いながら鑑賞しました
(あ、これ外野の聞かなくていい声ってのに分類されるやつだね)

せっかくならあの素敵な敵役のエアリエルとか
敵のサイドストーリーとか観てみたい


殺陣がキレキレだったり
こころの気持ちわかるわかる~だったり
プロジェクションマッピングが面白かったり
他にもど派手な演出があったり
エンタメっていいなぁ~って感じでした

個人的には姫様の最初の太鼓のプロジェクションマッピングの演出が
すごい印象的で面白かった!

そして頭使わずビール呑みながら気軽に観られるってのは
やっぱりターゲットが広まっていい
一蘭とかロボットレストランみたいに外国人観光客のツボを刺激できたら
数年後素敵な場所になる可能性はぷんぷんですね

あとはチケット代8000円ってのが
小演劇慣れしてしまった人間的にはちと高いけれどどうなんだろう
労力や人件費や場所を考えたら提供サイドとしてはそれでも苦しいけれど

私は海外に旅行に行ったときには
その土地のその国のとらでぃっしょなるエンターテイメントに興味があり
ある程度お金は惜しまず観ているが

チェコのブラックライトシアターとか
インドのザングーラZangooraとか
スリランカのキャンディアンダンスとか
オーストリアのウィーン少年合唱団とか
感動したけれどもうちょっと気軽なお値段だったものなぁ~
このくらいの価格帯ならばいっそ日本文化好きなら歌舞伎観に行っちゃう

と思いつつ
主人公が満員電車やだな毎日つまんないな的テーマだったから
実はそんなに海外向けでもないのかな?
仕事帰りの日本人に観てもらいつつ外国人層もゲットできたら~くらいなのかな
どうなんだろう

よくわかんないけれど
数年後日本を代表するエンタメとかになっていたらという
可能性を考えさせてくれる舞台ではありました

カーテンコールではじめて仮面取った敵の頭の素顔がかわいすぎて
仮面!!って思った衝撃が忘れられない舞台でした(笑)

ありがとうございました~


スポンサーサイト
2017-10-19 21:44 | みたきいたよんだ | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://wodi.blog14.fc2.com/tb.php/1404-e9ac09de
11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--