舞への誘い@大和


第26回花翆流「舞への誘い」


路上でパフォーマンスをしていたら
おばちゃんが声をかけてきた
お仕事をお願いしたいって

この頃はたまにあることなので慣れてきたが
当時はじめての私はびっくり
素性も知らない私の芸だけを見てお声がけくれる
ありがたいことだぁ

電話でざっくりなお話を済ませ
打合せもなく当日向かったは
大和市の素敵なホール!

そしてそして当日判明っ
お声掛けくださったのは日舞のお家元だった!!

いやいや、素敵な舞台のエントランスの賑やかし
日舞に関わっていて
パフォーマンス慣れされている方々に
満足してもらえるかドキドキでしたが
思った以上に反応を頂け安心でした


至近距離で顔をのぞかれながら

『やっぱり目をみればわかるのよね
 どんなにリアルでも~きれいなお人形っ』

と言われたときは面白かった~




楽屋のコレ、違和感でしかない(笑)


楽屋に帰ると

『あら!?受付の!!?
 私てっきり人形かと思ってたわ~』


と楽しそうにお声がけくださるみなさま
フレンドリーで嬉しゅうございました


この衣装もずいぶん長い時間を共にしている
こういうお着物に詳しい人たちが見ても
納得してもらえるものにしたいっ
と、着物に詳しい知人にいろいろ相談して
丁寧に作成してもらった

和裁を取り入れ普通の着物と同じ形にしてもらったり
人形っぽいフォルムを出したいので
帯や帯紐、丈にデフォルメ感を出してもらって
最初発注したのが赤だったんだけど
をぢこって赤より紫なイメージなんだけど
ってアドバイスを受けた色

赤でなくてよかった!
大道芸人赤い人が多いから!って今はそれも感謝
そしたら出来上がりはまさかのリバーシブル2色!
紫でないほうがいい現場や夏場は涼しい水色

彼女に作成依頼して
本当に良かった
って、改めて思う現場でした☆




頂いたお昼ごはん
神奈川の現場の崎陽軒の安定さ半端ないっ!

こんな地元に愛されてるの素敵
お弁当といえば!で出てくるポジション素敵
美味しゅうございました~


花翆流のみなさま
二代目も家元ももう本当気さくで良い方

もうちょっと
どういう状態でお仕事が舞い込むかわからない!
商品としての自分の媒体をしっかりしなくては!

と肝に銘じた案件でもありました


オープンしたばかりのYAMATO文化森も
すごく素敵な空間
きっと芸術があふれる街になるんだろうなぁ
杮落し~その一歩に携われて感謝

やまとアート100プロジェクト
密かにマークしておきましょう…


すべては出会い

花翆照サマ

本当ありがとうございました!
そして今後とも宜しくお願いいたします



スポンサーサイト
2016-11-06 23:59 | をぢこやってみた | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://wodi.blog14.fc2.com/tb.php/1305-e1b5c0a9
05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--