北区飛鳥山博物館【31ぐるっと】
IMG_20150702_160221.jpg

北区飛鳥山博物館


都電でぷらぷら飛鳥山公園
路面電車って、なんかあったかくて好き

飛鳥山公園内には3つの博物館があり
その中の2つがぐるっとパス入場対象になっていたので
飛鳥山博物館に行ってきました
こちらは名前の通り、ここら一帯の歴史についての展示でした


IMG_20150702_144636.jpg

入口の床には照明の狐さんがお出迎え
こっちだよ、と招かれます
かわええ!
そういえばマスコットもコン吉くんってな狐さんだったし
何故狐?…と調べてみたら
北区は狐と繋がりが深いようで
明治初期までは王子は狐がいっぱいいたんだそう
北区を舞台にした落語「王子の狐」とか
大晦日には関東一円の狐たちが王子稲荷神社に集まる
「狐の行列」という催しもあるんだそう
わ、これ観てみたいっ

IMG_20150702_145209.jpg

建物自体が現代的でとてもおしゃれ
マスコットキャラクターコン吉くんの解説もわかりやすくて
とっても馴染みやすい博物館

縄文時代から現代までの北区の歴史が
ずらり勉強出来ます

入ってすぐインパクトだったのは
中里貝塚標本
貝の壁がどどんと置いてあるの
縄文時代の日本最大級の貝層なんだそうで

奈良時代の農民のぼやきアニメが面白い
イマドキ漫画風ちょっとゆるいのw

幕末時代には王子料理と眺めの良さで
たくさんの外国人が飛鳥山を訪れたんだとか
イギリス人植物収集家フォーチュンさんは
「日本のリッチモンド」だと言っていたそうw

江戸時代には荒川の氾濫で水害多発
で、治水工事を頑張って
その後は逆に川の恩恵を受けて
近代産業が栄えたんだそう
王子電気や王子製紙…私王子様の王子だと思ってた
この王子だったのね(爆)
水と人間は切っても切れない縁ってのを再確認した感じです

それで土の状態も良く耕地に適していたそうで
農業も盛んで特においしい根菜がよく取れたそうな
武蔵野台地の恵み練馬大根っ!そういうことかーーー

っと、自分が興味持ったところだけ
メモしておきました

そして
そして


IMG_20150702_160129_1.jpg

常設展の外のギャラリーでは
人間国宝奥山峰石さんの作品展がありました

鍛金…
なじみはないのですがとにかく品がある金属細工
質感や色、カタチの綺麗さ存在感
よくわからないけれど全てがすごくて見入ってしまう

IMG_20150702_155850.jpg

IMG_20150702_155920.jpg

IMG_20150702_155800.jpg

奥山峰石さんは芸能界に憧れて上京しつつも
お金の為にまずはこの世界に入ったのだそう
そこからこの道だと感じ没頭したら人間国宝に…
って、人生本当何が起こるかわからないね

もともと貴金属細工や器が好きな私
これがはまらないわけもなく、ただただ魅了されました

常設展よりこっちのが見応えがあったのは内緒(爆)


普段、なじみの無い北区ですが
路面電車や緑豊かな公園に人間国宝
素敵な時間を過ごせたのでした


スポンサーサイト
2015-07-02 21:40 | みたきいたよんだ | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://wodi.blog14.fc2.com/tb.php/1225-8dfee748
09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--