林芙美子記念館【22ぐるっと】
IMG_20150625_152416.jpg

林芙美子記念館


上高田に住んでいたことがあったをぢこ
近所になんだか気になる邸宅がある…

と思っていたのですが
まさか中に入る日がやってくるなんてっ
すごいぞぐるっとパス!!笑

森光子さんでお馴染みの「放浪記」を代表作とする作家さん

…ということも新宿歴史博物館で初めて知ったくらいなのですが(汗)

気持ちが良いお庭と素敵な家屋だけでも充分癒されそうな建物
聞くと実際にご本人がご家族で住んでいたお家だそう
ボランティアさんが色々説明してくれて
全然知識がないをぢこでも林芙美子さんの暮らしを想像出来て
有意義に過ごせました


IMG_20150625_145844.jpg

さすが売れっ子~な素敵仕事部屋☆

芙美子さんの家には原稿を受取りに来る客が毎日何人も来たそうで
居留守を使ったり
催促など会いたくない客は右の客間で待たせ
会いたい親しい人は左の客間に通したりしたり

IMG_20150625_152633_1.jpg

最初に作った書斎は明るすぎたらしく
「こんな明るいところで原稿が書けるわけがない」と
無理やり押入れを大工に作らせ寝室にしたんだそう
押入れの柄がかわいい~と思ったら
わざわざインド更紗を仕入れて貼ったそうです

自分や家族が住みやすくする為には
とことんこだわった様子

結果後世人が見に来るような素敵な建築として残るのね~(納得)

IMG_20150625_150728.jpg

本当にここは新宿区かっ!
てなくらい緑が生い茂る立派なお庭(憧)

と感動しているをぢこに
「今見える敷地と同じくらいの面積のバラ園が
 当時はこの奥にあったんだよ」
とボランティアさんが教えてくれました…

もう規模が違うね(*∀*)

IMG_20150625_152317.jpg


ギャラリーには
「芙美子のかわいいもの」
という企画でその名の通り、芙美子さんの靴や小物など
いろいろなアイテムが飾ってあり
また絵や手紙なども見ることが出来て
自由でお洒落でチャーミングなキャラだったんだなぁと
感じ取ることが出来ました

「犬のさみしがる事は人間より真剣だ」

一番残った言葉
表現の仕方が面白いなぁと1文でわかる
…確かにね、彼らは素直だ
と、つい頷いてしまいました(笑)


受付にいた方に
さっき新宿歴史博物館に行ってきたと言うと
50人作家の似顔絵を描いたイラストレーターさん
ご本人がいらしてびっくり!
(うぉ~お名前失念…悔)
ついさっき作品を見たばかりだったので
気さくに話しかけてくれてなんだかとても嬉しかったっす


のんびりとした空気が流れる
新宿の異空間堪能しました☆


スポンサーサイト
2015-06-25 23:59 | みたきいたよんだ | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://wodi.blog14.fc2.com/tb.php/1214-d1f6f5d9
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--