相田みつを美術館【15ぐるっと】
IMG_20150619_142433.jpg

相田みつを美術館
第60回記念展「いのちの根」



いのちの根
なみだをこらえて
かなしみにたえるとき
ぐちをいわずに
くるしみにたえるとき
いいわけをしないで
だまって批判にたえるとき
いかりをおさえて
じっと屈辱にたえるとき
あなたの眼のいろが
ふかくなり
いのちの根が
ふかくなる


これ、苦しんでいるとき見たら
ぐっとくるなぁ…と思ってしまった

「人間だもの」でなんとなくは知っている
相田みつをさん
ぽさはわかるけれど
実際作品をしっかり拝見したのは初めてかな

作品の作成年を注意しながら見ていくと
この時期はこの思いが強かったんだなぁとか
いろいろ想像できる

そして鑑賞者の心境によっても
響く詩はきっと違う



ボロは最初にみせておけ
そうすればいつも天下泰平だ


病気の時の自分を
健康の時と
比べては暗い


個人的にとくに響いたのはこれ↑
私今きっと闇気味なのでw


すごい綺麗な般若心経の写経があって
ちょっと相田みつをテイストでないのでおや?と思ったら
知らなかった相田さん学生時代から
書道で入選しまくりの腕の持ち主だったそう

相田みつを作品をでたらめな書だと
言う人とかもよくいるそうなのですが

ちゃんと基本で認められて
その道で食べていけるくらいだったのに
その道を進んでいると
手本を書き写すだけでいいのか、と疑問が湧き
書道での安泰な道を捨て
自分の書を探し出して今に至るそうです

結果、「相田みつをっぽいよね」って言われたり
「相田みつをアプリ」なんて出来るくらい
独自のフォント?独自の書を確立した相田さん
すごいなぁ…と紹介映像見て感動しました

確かにね
普通のフォントで言われると流れそうな言葉も
相田フォントだと伝わりやすい
詩だけでなく文字やフォントも計算されているそう

長年続けたもののみぞ知る感覚

むむ!

中途半端が一番いけない
という作品があってドキン!としてしまいましたが
個人的には「良い中途半端なもの」が
好きだったりするので「自分は」それで行こうと思う
トマトがメロンになろうとするから苦しいんだよ
とありました
書一筋である相田さんはかっこいくて
つい中途半端な自分が情けなく感じてしまったけれど
私は私なのでありました
どっちがいいわけではなく、自分は自分


IMG_20150619_142137.jpg


思った以上に相田みつをワールド
自分の心を揺さぶる、良い世界でした☆



スポンサーサイト
2015-06-19 16:11 | みたきいたよんだ | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://wodi.blog14.fc2.com/tb.php/1206-e1503225
05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--