下町風俗資料館【13ぐるっと】
IMG_20150618_132158.jpg

台東区立下町風俗資料館

関東大震災と東京オリンピックを機に
積極的な再開発が進んで下町の面影が消えていった東京の町並み
古き良き下町文化を後世に伝えようと開かれた資料館


IMG_20150618_122630.jpg

IMG_20150618_123158.jpg

IMG_20150618_122619.jpg

IMG_20150618_122708.jpg

IMG_20150618_123303_1.jpg

東京下町の街並みを再現してあるゾーンでは
駄菓子屋さんのおうちの中に自由に入ることができ
実際ちゃぶ台囲んでくつろぎ気分を味わえる仕様

こういう昔ながらのおうちに欠かせない時計
秒針の音がとても大きくて存在感がある
静かにしていても胸に響いてくる不思議な感覚

外国人さんもちょうどいっしょに鑑賞していて
アメイジング連発でした
日本人でも珍しいからなぁ…

長屋文化についての説明書きも合わせて
実際に当時の生活を感じることが出来ます


IMG_20150618_131526_BURST002.jpg

IMG_20150618_131559.jpg

カフェ下町~レトロでかわいい空間です


戦後の日本の動きについての展示があって
興味深いものもたくさんありました

ラジオ体操は「国民保険体操」が正式名なんだそうで
もとはアメリカの保険会社の社員向けに踊っていたものなんだとか
ちなみにあの恥ずかしいポーズから始まる第2は
勤労者、成人向けなんだそうですw

明治時代に流行った大道芸
をぢこがお世話になっている浅草でも盛んだったそうですが
芸をした後、これを見て練習しろと芸の「秘伝書」を
芸人がちびっこに10銭ほどで売っていたらしい
めっちゃアバウトなコツを簡単に書いただけのもので
見てもしょーもなーなクオリティの紙切れを
当時のお蕎麦7杯くらいの値段で売りつけていたなんて
大道芸人、悪党ですね(爆)

関東大震災が起こった電話もメールもない時代
上野の西郷隆盛像が無事や待合せの伝言を書いた張り紙だらけ
になっている写真がなんだか印象的でした
確かにね…どこにいるかわからない相手に
混乱した情勢で自分の生存を必死で伝える手段
やっぱアナログ力大事だわぁと

戦後流行ったビーチで海水浴の記事に
襦袢で海に入ると記されていて
長屋文化や民族衣装で海水浴とか蚊帳で寝るとか
なんだかインドと通ずるところがたくさんあるなと感じた
日本も一昔前はそういう生活してたんだ~
っと思ったらインドだってこれから
今の日本みたいになっちゃうかもしれないんだ
…というかデリーやムンバイとか大都市は
全然近代的すぎてびびるくらいか
って思ったら、ちょっともったいないなぁと思った
便利なんだけどね、ちょっとね


IMG_20150706_145747.jpg

物売りの声~
人口密度が高い下町は効率よく稼げる格好の商い場だったそう
何を売りに来たのかわかるように独自の掛け声を出していた商人たち
その声がひたすら館内に流れていたのですがそれが面白かった!

玩具コーナーでは実際昔のおもちゃで遊べたり
銭湯を再現したコーナーでは番台に上がることが出来たり
確かにね、あの番台に上がる機会なんてないわ
実際に使われていたセットだそうで本物のすわり心地が味わえたりw


15_kikaku.jpg

戦後70年下町の暮らしと出来事

企画展では戦後のアイテム等がいろいろ見られました

生活物資不足のため
衣類も新しいものはほとんど手に入らなかったようで
着られなくなった和服洋服ありもののリメイクお洒落を楽しむ方法
中原淳一がかわいく描けばツギハギ着物も「楽しい着物です」
と更生服を推奨する婦人雑誌

自分は「へ~」と新鮮な展示物だったのですが
ちょうと隣でみていた老夫婦は懐かしいを連呼していて
世代によっても見方が違うんだなぁと
をぢこよりももっと若い世代にも
長く見ていってもらえる施設であるといいな


自分が知っている街の歴史だからというのもあり
古いものが好きだということもあり
とても興味深く見学することが出来ました


IMG_20150618_122325.jpg


資料館を出たら広がる不忍池~
蓮の葉が勢い良く生い茂るもじゃもじゃ池
良い季節ですね

上野公園は縁あってか来る機会がたまにあるのですが
季節によって池も空もぜんぜん違う雰囲気になって、面白いのです

また来るときはどんな顔してるのでしょうね

池も、私も。


スポンサーサイト
2015-06-18 11:46 | みたきいたよんだ | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://wodi.blog14.fc2.com/tb.php/1204-e48f4f79
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--