松岡美術館【7ぐるっと】
IMG_20150609_135957.jpg


松岡美術館@白金台

ロビーでお出迎えしてくれるは
人気ナンバーワン(松岡美術館調べ)
ディエゴ・ジャコメッティの「猫の給仕頭」
かわええ…


こちらの美術館は
「わたしの好きなシロカネ・アート」
と題して人気の順位が表示されていてなかなか面白い企画を開催中☆

写真OKだったので撮影しながら
自分の目で見て、世間のニーズも確認して、
と退屈することなく楽しめました


IMG_20150609_134442_20150622202038eb6.jpg

IMG_20150609_134554_20150622202037581.jpg

IMG_20150609_134657.jpg

IMG_20150609_134739.jpg

古代オリエントゾーン
エジプトと言えば~な棺は堂々3位の人気者
「エネヘイ像」が素敵で見惚れてしまった(4枚目)
神官プタハ・メイと妻ハトシェプストの娘なんだそう
素敵な存在感…


IMG_20150609_135054.jpg

IMG_20150609_135335.jpg

IMG_20150609_135552.jpg

IMG_20150609_134953.jpg

IMG_20150609_135932.jpg

現代彫刻ゾーン
どうやらエミリオ・グレコの作品は全部つぼらしい…
特に「水浴の女」腰のラインの独特な形の表現~良い
頭部だけの「エイコ」も頭のカタチが良くて見てしまう
ヘンリー・ムアの「馬」も丸みがかわいいな~
と思っていたら人気2位だった!
やっぱ動物ものはニーズがあるのかな


IMG_20150609_140155.jpg

IMG_20150609_142511.jpg

古代東洋彫刻ゾーン
ここはインドでもたくさん見てきた神仏像
東洋という括りだけあって
中国、インド、ガンダーラ(パキスタン)、クメール(カンボジア)
と一見、一括りで似た雰囲気ではあるけれど
ちゃんと比べてみると違いが面白い
中国のものは目が細くて穏やかな顔で
インドのものは躍動感がやっぱりすごい
ガンダーラはギリシャやシリアの色も入っているので
隣国インドよりも西洋的な顔立ち
日本のシヴァ神様も拝めて良かった
インド仏教もちゃんと勉強してみようかしら…


IMG_20150609_143611.jpg

IMG_20150609_143758.jpg

IMG_20150609_143307.jpg

IMG_20150609_143541.jpg

IMG_20150609_143425.jpg

陶磁器ゾーン
自分には縁がない世界…
古伊万里、鍋島、古九谷様式
皿、徳利は有田の江戸時代の作品
不気味な人形「色絵白拍子像、舟遊女像」は近代の薩摩
九州は焼き物が盛んだったのかな?


IMG_20150609_144858.jpg

絵画ゾーン
一番目を引いたのは広田多津「白南風」
なんか不思議で目が離せませんでした
牧野三生郎「嵯峨野常寂光寺」 京都行きたくなった
東山魁夷「秋峡」 鮮やかさに惚れ惚れ
渋谷佳代「紅葉狩」 能と仮面と紅葉と構成がきれい


IMG_20150609_145246.jpg

部屋の片隅でみつけた猫ちゃんたち
猫好きなんですかね
思わずにんまり


IMG_20150609_151709.jpg

それにしても創立者の松岡清次郎さんの
パワーと財力にはびびるw

素敵なものを見たら手に入れられるってのは凄いし
そのコレクションでこんな充実した美術館が出来るなんて

すんげーのひとこと


収集作品の面白さ&展示数はもちろん
館内はとてもきれいでお庭にも癒され
休憩スペースも充実していてあざやかな花も飾ってある
手書きの解説があったりリーフレットもわかりやすくて
撮影OKの太っ腹で
都内なのに無料駐車場もある

をぢこ的には
かなりポイントが高い美術館でした~



スポンサーサイト
2015-06-09 01:25 | みたきいたよんだ | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://wodi.blog14.fc2.com/tb.php/1190-6a2f7532
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--