天空のハナヨメ
この頃は日舞とかバレエとか
踊りばっか観ているな…w


さてさて
今週末はももいろぞうさんの演劇SHOWがございます☆
今回はぱたけやま氏がお休みで
久々の石垣エリィちゃんが参戦ですヨ


t02200146_0800053212271659149.jpg


6月30日(日)13:00〜     
ももいろぞうさんランチショー
『天空のハナヨメ』

@AFR yokohama
神奈川県横浜市中区花咲町1丁目38 エムツービル2F
最寄駅はJR桜木町駅(徒歩5分)

当日のお問合せ→045-262-3927 まで〜


毎度お世話になっています横浜のAFRさん☆


レストランでのランチ公演なので
チケット代、チャージ等はございませんので
おいしいごはんをご堪能ください!

1ドリンク1フードオーダーを宜しくです(^^)

をぢこのおすすめはナシゴレンっ!

※お食事がある為、オーダーの都合上、
開演時間より余裕を持って来て頂けると嬉しいっす
12:30から開いてるよー


http://ameblo.jp/momo16zousan/entry-11556928755.html


今回新作でございます
楽しく不思議な感じな仕上がりになっておりますヨ

連絡くれると嬉しいけれど
当日の急な飛び入りも大歓迎っ☆
ぜひぜひ日曜日のご予定に入れて下さいませ〜

待ってまーす。


スポンサーサイト
2013-06-25 10:34 | をぢこやってみた | Comment(0) | Trackback(0)
初バレエと新国立劇場
スクリーンショット(2013-06-24 12.28.52)

新国立劇場バレエ団
『Don Quixote』

新国立劇場オペラパレス


同僚にバレエ漫画を立て続けに借りて
バレエになんとなく興味が出て来た

と、ゆる〜くtweetしたら
とんとん拍子で話が進み初バレエ観賞☆


オペラシティは入ったことあったけれど
初の新国立劇場〜すてき!
建物大好きなをぢこ的にはエントランス入っただけで
テンション上がりまくり〜
バブリーだ。

中のカフェではお上品なドレスを着た人たちが
昼間からシャンパンやカクテルを呑む光景…

なんか、異世界w


バレエってなんでだか
踊りだけのイメージだったけれど
あ〜物語があってお芝居なんだーって


身体能力がずば抜けた人たちの無言劇+贅沢音楽


うん、こんな感じ。

最初はよく違いがわからなかったけれど
同じフリでも目が行ってしまう人とか差が出て来たり
音で表現する方法とかいろいろ楽しめて良かったなぁ

個人的にツボだったのは
もじゃもじゃ頭のやたら激しい振りの指揮者と
バジル役の踊り?やっぱり男性の身体能力ってすごい
繊細なプリマな踊りも良いけれど
アクロバティックな男性の踊りのが少し変で好き

あとは「只今より25分間の休憩を〜」
ってアナウンスがとても印象的…
休憩25分ってそれなら時間繰り上げて早く帰りたい!
って思うけれど、まわりの空気見てると
あ〜それも楽しみのひとつなんだって

お洒落して
高いチケット代払って
楽しみにして来場している人たち
この休憩の間に飲む珈琲とかも
おいしいんだろう

楽しむの概念が小演劇の世界とはまったく違う
余裕がある楽しみ方

ところかわればですね
ふむふむ。

終わったあとのアンコールがしつこ過ぎて面白い

拍手〜開いて(幕)〜閉じる(幕)
拍手〜開いて(幕)〜閉じる(幕)
拍手〜開いて(幕)〜閉じる(幕)
拍手〜開いて(幕)〜閉じる(幕)
拍手〜開いて(幕)〜閉じる(幕)

何回やるんだw
…これ、次幕開いたとき
主演女優がはげヅラ被ってたりしないかな…

なんて一人妄想して遊ぶ私はやっぱり三流。

この光景も本当、観客を満足させてこその、ですね。


次は…ジゼルと白鳥の湖が観てみたい〜



今回お誘いくれたのは
以前お世話になった劇団のスタッフさんだったのですが
別に交流があったわけでもなくたまたまtweetしたら、
ってな始まりだったのでお互い不思議でしたが

知識も豊富で女子力高いおねぇサマ
初心者の私にわかりやすく公演案内してくれて
フットワーク軽くて行動力ある人はやっぱり素敵だと思うのよ
そーじゃなかったら私はやっぱりバレエは観ていないんだろな
と思ったら感謝感謝でした。




2013-06-24 12:32 | みたきいたよんだ | Comment(0) | Trackback(0)
那由多


五條詠ニプロデュース
『舞踊団那由多&JAZZライブ』
The1633tokyo


舞踊団那由多
着物が着られるようになりたい
日本の文化を表現出来る力を身につけたい
と、思っていたときに五條先生に出会い
オーディションで舞踊団那由多に加入させてもらったのですが…

ダンサーさんに混ざりついていけない自分に
大事なコトを沢山教えてもらえる素敵な先生なのです

今は仕事で稽古に参加出来ずお休み中ですが
ライブがあるとのことで六本木まで観に行って来ました☆


やっぱり振付はセンスですね
日舞の型だけにとらわれずいろんなテイストが混ざっているから
ひたすらかっこいい。

オープニングの時空は圧巻で
本田綾乃さんのさくらが艶やか過ぎで
GAGAなYUさんがめさかっこいくて
すごく楽しめました。

いちばん好きだったのは五條先生とおやなぎ美季さんの春麗…
扇子がひらひら
蝶だったり舞う花びらだったり波だったり
本当は何を表していたからわからないけれど
いろんなモノに見えて綺麗だったわ~


演奏も楽しかった
吉田沙良さんの声に癒され
染谷剛さんの遊ぶ唄声とダンスが良い
そしてやぱりジャズベースが好き。
ついついCD購入…

生ハムとビールを味わいながらの贅沢な時間
頭の中でもいろんな思いが巡り
とても刺激的でした。


また仕事が落ち着いたら稽古に参加させてもらおう

出たい、と思う作品と関わろう

観てくれた人に素敵な時間を提供しよう


思った夜。




2013-06-16 14:06 | みたきいたよんだ | Comment(0) | Trackback(0)
ポストカード展@下北沢
201306111.jpg

第8回ポストカードコンテスト展

6月11日〜16日
13:00〜20:00 ※最終日のみ18:00まで
入場無料

下北アートスペースギャラリー
東京都世田谷区北沢2-9-3久冨ビルB1F
http://www.shimokita-art.com/


下北オオゼキの隣ヴィレバン向かいにあるギャラリーさん

約80名のアーティストさんの展示会

ジャンルはみんなまったくバラバラなので
見ていてとっても面白い!

をぢこは搬入中わくわく☆

…をぢこの絵もほそぼそと展示してあります
新作ないけれど、あふん。

下北で5分くらい時間に空きが出来たら
駅も近いしフラリ立寄ってみてくださいませ〜


2013-06-12 11:52 | をぢこあーと | Comment(0) | Trackback(0)
かめいど歩行者天国。
2013060901.jpg

ももいろぞうさんの主な稽古場であり
主宰鷹島姫乃氏の地元である亀戸駅

おいしいホルモンが食べられたり
昭和の香り残るレコード屋さんなんかあったり
でもドドーンとスカイツリーが見えたりする
親しみやすくて面白いバランスの下町

おやすみの日はメインの商店街が歩行者天国になるのです

…天国って、改めて書いてみるとすごい日本語だw

あ、脱線脱線。




日曜日は姫乃氏とパフォーマンスしました

なんかよくわからないけれど
絵を描くというのは楽しいもので
お客さんにもわかりやすいようだ。

いろんな改善点がみつかりつつ

やりたい方向がよりわかったしまずはヨシ。


車から搬出している最中から
何やるの?何やるの?
と声をかけてくるおじちゃんがいたり
ちびっこにイタズラしかけられて追いかけっこしたり
珈琲飲みたいって言ったら
ビタミンウォーターの差入れ頂いたり
やっぱり面白い、人と関係を持つこと。

好奇心が強い人が多いなぁ〜と思う
お土地柄かな?

また機会あらば出没するかもしれませぬ。



2013-06-11 16:40 | をぢこやってみた | Comment(0) | Trackback(0)
救急車のおじさんとお隣さん。
寝る支度もすっかり済んで
もうベッドに入ろうという25時

…どしーんっ

って、音がした。


なんだろう…
と思いつつ、まぁ眠いし寝るかと思っ


…たがやはり、気になる。

何の音なのか脳フル稼働で予測してみると


うーん

外で人が階段から落ちた?

とか。

思いついたとたん、をぢが住んでるアパートの住民は
高齢の方が多いことを思い出す…


まぁ、考え過ぎだろう
そーゆうのっていつも心配するけれど
なんにもないんだよな


って、思ったけれど


朝、ほとけになった人が階段にいたら
一生後悔するよな…


まぁ、考え過ぎだろう




…ううむ。


なんて考えていたら

愛猫が鳴出して

玄関の方にさーっと駆寄って

外を気にしながらソワソワしだした


猫の訴えがなんとなく気になるし
見るだけならすぐだから
何もないのを確認したら安心してすぐ寝よう

っとドアを開けて階段の下側をのぞいてみると


頭の中でイメージしたのと同じ


やっぱり階段から落ちて倒れている人の図

頭が下で
足が変な方に曲がってて


…動かない!

声をかけても動かない!

その人の足が邪魔して
なかなか顔を確認出来ないけれど
顔面が地面に直撃っぽい

脳打ってたら動かしてもいけなそうだし

救急車か!!?

と思ってたら

「…だいじょうぶです」ってかすかに声が!

良かった!!

と思ったのも束の間、

大丈夫です、を小声で連呼はするものの動かない


救急車呼びますね!

と言ってみたがイラナイ…という。
困ったからひとまず


「203の方ですよね?おうちの人呼んできます!」

と203のドアをノックしたが反応がなく

もっと大っきいノックをしようかと思ったが
考えてみたら突っ伏しているので顔が見えず
203の人じゃない可能性もある…

違ったら

夜中に起こされて迷惑か??
と思う小心者、やっぱり救急車を呼ぶ事にした


119

ボタン押したら
携帯の画面に突如現わる『Emergency!』
の見慣れない表示にびびったと同時に
電話の向こうでやさしい口調のおじさんが

住所を言ってるのに「その建物は該当がないですねぇ…」

と言われ「?」だったが
必死にココに引越す前の古いアパート名連呼してて
自分の混乱加減にビビる

やっとこさ救急車を呼び〜

どうなったか見に行ってみたら
立ってよろよろ動き出した

「救急車呼びましたよ」

って言っても「あ、大丈夫です」

って、迷惑そうに自室に入るお隣さん


動けて良かったけれど救急車無駄だった…


今ってムヤミに救急車呼ぶのが問題になってるらしいし
…これも、そーゆうのになっちゃう?(汗


と思い、もいちど119


事情を話し、出動キャンセルをお願いしたけれど

「もうすぐ着く頃なんですよねぇ」

「…そーみたいですね、聴こえます凹」

「まぁ、一応案内してあげて(^^)」

真夜中ケタタマしい音を上げて到着した救急車に近寄る


「なんかもう、必要ないみたいです〜ごめんなさい凹」

と申し訳無さそうにするをぢこに

「でも、階段から落ちて少なくとも顔怪我してるだよね
 あとはこっちで上手くやるから安心して」

と言われホッとしつつ

自室に戻り赤い回転灯の
ギラつきつつも淡々と規則正しく回る灯りを
眺めていたら徐々に落着き…

あのおじさんのゆったりした安心出来る対応
やっぱり慣れてるんだな〜と思った


緊急ですか!!?
どーしましたっ!!!?

って、119の電話
なんかそんなイメージあるけれど
それじゃもっとこっちが緊張しちゃうもんね


だいじょぶだいじょぶ〜
あとは任せておいて(^^)

救急車のおじさん
本当、もう大丈夫って思えた

本当にたいしたことなくて
お隣さんが「余計なコトをっ(イラ」って思ったとしても
上手く対処してくれそうな気がして

無駄足だったとしてもまぁ〜大丈夫〜って
なんとも思ってないよって


すんごい救われた

モラルない救急コールのマイナスイメージばかりで
申し訳なさでいっぱいだったけれど

「こんなんで呼ばないでよー! 明日自力で来てよ!!」

なんて怒られたりするなら

コールに躊躇する人が増えて
本当に緊急なのに
救える命も救えないコトがあるかもしれない…


余裕のある対応、かなり感動しました。


その後、
体の具合はどうか
迷惑じゃなかったか

気になっていたけれど

お隣さんをぢこが留守の間に訪ねて来たそうで

顔はすごいケガだけれどすぐ退院出来て
誰が助けてくれたか全然記憶になくて、と
探してお礼を言いに来てくれたんだとか(をぢ旦那談)

お隣さんの旦那さん曰く
夜中奥さんが顔から出血して
ひどく混乱していて困っているところに
救急隊がやってきて…

とのことで

あの夜、がっつり目を合わせながら
大丈夫です
って言っていたのは
アレはやっぱり大丈夫じゃなかったんだー…って。



あの日、雨の中、倒れたままいたら…

あの時間じゃきっと朝まで誰も気づかない。


本当、声かけておいて良かった。 


そう思った。


そして頼れる救急隊のありがたさ、味わいました。


あと、愛猫にも感謝、ね。



2013-06-07 22:36 | そらもよう | Comment(0) | Trackback(0)
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--