大晦日っ☆退院っ
20091231090251
先生にOKをもらい
予定通り本日退院っ!!


病名くらいはちゃんと覚えておいてね

成熟奇形腫
ブラックジャックのピノコちゃんだよ
まぁ、あれは漫画だから生きちゃってるけど
をぢこのも髪の毛、毛穴、軟骨を育ててましたよ~
歯が生える人もいるね


と教えてくれました。


うん
わかりやすい。



入院中いろんな人が来てくれました
こんな機会にしか会えないをぢこを許しておくれ~
また地元に戻ってきたときにでも連絡します
普通にお茶したいわ
お互い元気でないと~



お外に出られるわ~い♪嬉

今から両親とコメダ(笑)
珈琲とモーニングだね、ふふふ。


皆さん良いお年を~☆☆☆
スポンサーサイト
2009-12-31 09:02 | たびあそび | Comment(2) | Trackback(0)
今年を振り返る。をしてみた。
年始は家族で箱根旅行
長浜黒壁スクエア日帰り旅行
友人夫婦とソウル
劇団メンバーと長野

ももいろぞうさんでレストランショーと本公演
新境地開拓トナドゥさん初出演

過去最低有効求人倍率の中を苦しみさ迷い
素敵な今の職場に巡り合う

初の入院手術
久しぶりな友人・親戚に会えた

愛猫めがねが我が家の一員に加わる


結構良い1年だった…みたい
本人の自覚がなかったことは置いておいて
意外と充実な1年~でしたな
悪いことも結果オーライな感じで克服だし。



来年は基盤作りの年にしたいなぁ~


仕事もスキルアップして
アピール力が足りない自分に自身をつけて
家を片付けてもっと居心地良くさせる
あと最低1海外1国内旅行はしたいなぁ…

そんな予定。

巷で『今年を振り返る』が流行っていたので
乗っかってみました♪

結構忘れてること多いのね(笑)
思い出せて良かったわ~
2009-12-29 09:28 | たびあそび | Comment(0) | Trackback(0)
孕ム、孕メヌ、孕マヌ者。
産婦人科病棟に居るをぢこ。


向かいのベッドの人は子宮全摘出手術の為入院

斜向かいのベッドの人は切迫早産で入院



…なんでそこ、並べちゃうかな。

…そんなもんなんぢゃろか。

…まぁ、そんなコト言ってられないんぢゃろう…
パッと見、気にしてるように見えないし…


と思ってた矢先、


妊婦さんのマナーの悪さ、浮かれポンチな話題と
会いに来た旦那さん第1子第2子のママママ騒ぐ声に

お向かいサン耐えきれず
文句を言って
泣きながら看護師に抗議
病室ベッドを移動…



産科と婦人科の
一緒にされちゃうけど
大きく違う点。


をぢこもここ2、3年ようやく子供が欲しいと思えるようになり
(前はいらんかった)


でも今は自分のコトでいっぱいいっぱいだから
後々に~
なんて思ってたら


卵巣に異常が生じ
ひょっとしたら片方摘出かもってなり

もちろん1つあれば大丈夫で
1つくらいなくても~って医師は盲腸みたいに言うけど
そうだけどそうだけど…
もとは2つあるモノ急に1つになる不安…

最初は右だけが痛かったけど
考え過ぎか左も痛いと思って来て

MRI検査結果で
やはり左も水が溜まっているとのコトで
親指第1関節分くらいの卵巣が
両方とも握りこぶしくらいの大きさになっていた

やっぱ1つでも大丈夫だとは言え
取ってしまうのはこあい…
もう1つもいつ異常がおこるかわからないもん
(水が溜まることはよくあるらしく左はいつの間にかしぼんで正常になっていた)


子供が産めなくなるかも、と思うのがこんなにこあいとは思いもしなかった。


もちろん
生みたくても生めなかったけれど違うトコロにシアワセを感じている人もいるし
子供いらない人もいるだろうけどね。




お隣の妊婦さんは切迫早産の恐れでもう3ヶ月入院しているらしい。
元気で明るい人なんだけど
夜になると辛くて泣いている声が聞こえた。

詳しくは知らないけれど点滴と注射で産まれないようにしているらしく

もういいよ~
生みたいよ~
なんで私だけこんな辛いのぉ~
と泣きじゃくるその人に

おなかの赤ちゃんは頑張ってるのに!
母になる自覚を持ちなさいっ!!

と、一喝するその人のお母さん。

母強し。


今ね
おなかの赤ちゃんはちょうど肺を作ってるところで
来週には自分で呼吸出来る子になるのね
今産まれちゃうと
人工呼吸器が必要になっちゃうの
たったこの3日も赤ちゃんにとっては大事な1日1日なのよ
だからお母さんが頑張らなくちゃ。

と看護師さんが優しく諭していたコトバ

そんな知識ないをぢこには
1日にそんな意味があるなんてびっくりした。



どうやら、

身ごもるだけで

普通に産まれてくるだけで

本当に素敵なコトなんだなって。



私は手遅れにはなっておらず
卵巣の悪いところだけを取るだけで済み
無事2つの卵巣が私の中にある。


本当にそれが嬉しい。

をぢこは知らなかったけれどをぢこくらいの年齢くらいから上の女性には
よくあることらしいです。

これに限らずみんな~
自分のカラダ大事にしようねぇ!


そしてやっぱり今の自分、感謝感謝の日々なのでした。
2009-12-27 19:17 | そらもよう | Comment(3) | Trackback(0)
予想外クリスマス。
20091225174444
入院が決まったとき

うわ~
クリスマス病院で過ごすよ~
きっとちゃっちい
微妙ケーキとか出ちゃうんだよっW
いらねー♪


なんて思ってた。


んだけど

実際運ばれて来たごはんのトレーの上のケーキを見たら

予想外に喜んでいる自分に気付く。

あれ、なんだか嬉しい…

自分では絶対買わなそうな給食っ!みたいなケーキ
お砂糖のかたまり…(笑)

懐かしい味がして
ほんわかなった。



看護師さんに
名古屋港のクリスマスイベントな花火が見られるコトを教えてもらう

しかも見るのにいい穴場を教えてもらった!

痛いおなかさすりながら病院の最上階まで移動


たどり着いた穴場的場所には1人だけ先約さんがいて
ちょっと気まずいかな~なんて思った瞬間
一番最初に見えた花火は
ピンク色のハート〓


を『かわいー!!』
先『かわいー!!』


思わず同時に黄色い声っ(笑)
それ以来は自然と打ち解けて
話してみたらどーやらお互い今日抜糸をしたらしく、ちょっとだけ親近感

知らない患者サン同士で見る冬の花火っ


クリスマスカラーの花火や
ツリー
トナカイ
靴下
星型、ハート型

クリスマスならではの花火が打ち上がり


…と地上では入ってくる救急車の点滅する赤いライト


なんだかすごい組み合わせ。


翌朝には看護師さんから手作りのクリスマスカードをもらった。


やっぱり嬉しかった。
以前の私ならこんな紙切れ…と内心思いそうだけど
心底感動して。



ひょっとしたら
貴重な体験をしているのかもしれない


新鮮であったかで
忘れちゃいけないコトを思い出した
ほんわかシアワセクリスマスなのでした。

2009-12-25 17:44 | そらもよう | Comment(2) | Trackback(0)
ぜいたくだなぁ…
手術前、手術後と計2日間の断食。


水も飲めないから口がカラカラなんだけど
意外と水飲みたい~ってならない。

点滴してるからってのもあるけど
それ以上に痛くてそれどころぢゃ~ない。


ってな期間が過ぎ
ようやくごはん解禁の朝っ


おもゆを口にする。


おもゆ…米が入ってないけど確かにお米の味がするっっっ

なんて美味しいんだろう!

味を噛みしめながら完食。

お米さん、ありがとうございました!!!

と、心底思った…








4時間後。

昼御飯。

おもゆ…



美味しくない(爆)
ほとんど無理矢理押し流してなんとか4割くらい腹にいれたが。


やばい。


このうっすらする米の味が受け付けんっっっ


なんで数時間でこんな考え変わるよー自分っ


んで
その5時間後もやっぱりダメで…


次の日も(3分粥)

次の日も(5分粥)

次の日も(7分粥)

次の日も(全粥)


粥が辛い(爆)


明日はようやく常食っ!!!

気分的には
マックだねっ
ケンタッキーだねっ
カップラーメンだねっ
リッチポテト海苔塩だねっ


嗚呼~ジャンキーを欲する。


1週間前には
副菜の数と栄養バランスに感動して
これからは料理に目覚めそうっ!
と本気で思ったのに…


なんなの、この無い物ねだり。



退院後、正月がなんだかこあい…

反動が…

反動が…(笑)


ま、ひとまず明日は~脱っ粥☆万歳っ

2009-12-23 13:59 | たびあそび | Comment(3) | Trackback(0)
ニセ坊っちゃん。
入院前に図書館へ行った。


きっとヒマだろうと本をたくさん借りようと思うも、
後の予定が迫っていたのでゆっくり検索も出来ず

意外とどれにしようか決めかねる。

普段は読みたいの、ポンポン出てくるのに…
時間制限があるからってのもあるが
目的もなくうろうろしても面白そうな本がみつからないので同行してもらった妹に

『なんか面白そーなやつ探して』

活字を一切読まない妹にむちゃ振りっ!!

すると
これでいいんぢゃない~と、自分が読むわけでもないからさほど時間もかけずポンと示したのが


『ニセ坊っちゃん』


聞いたことない作家だけど時間ないし表紙の絵もかわいいし、まいっか。
と、手にした本。


どーやら
昭和の名コメディアン東八郎の息子が書いた本らしく…

読んで行くうちに
私は知らなかったけれど東八郎って人がどんな人か知りたくなったし
書いてる息子も共感出来るところがたくさんあり
人間味がよく描かれていて
とても楽しく読めました♪

んでエンディングを向かえちょいとうるるとしながら
作者が気になり裏表紙にある作者についてを読んでみると

へー
浅草の人なんだー
欽ちゃんを師事?てことは芸人か?(てっきり作家と思っている)
Take2?なんか知ってる…
あ゛~ぁ!
東(ひがし)だと思ってたら東(あずま)かぁ!
お札の人だっ!!(そんな認識)

なんか
結びつかない…ちょっと意外でした(笑)



1番好きなエピソードは
小学4年生の息子の
“山手線車両にマヨネーズをかけて遊ぶ”
というイタズラに対した父親の言葉


四年生になってもまだマヨネーズの使い方もわからないのか!
いいか!?
マヨネーズは電車にかけるもんじゃない!!
サラダにかけて食うもんだ!!
山手線は緑だけど、あれは野菜じゃない!!
そうだろ!!
中央線だってニンジンじゃない!!
オレンジ色だからってあれはニンジンか!?
違うだろ!!
もういい!!風呂に入って早く寝ろ!!


十分反省し憔悴しきった息子の顔を見て
そう言ったらしい。
厳しさ優しさユーモアがある素敵なパパだなと思いました。


私よりも上の世代の人には有名な人物みたいなのですが…知らなかったをぢには良い作品でした。


次に図書館行くときはもう迷わないように
いろんな人から教えて貰ったおすすめを探すからね~

こんなゆっくり読書出来る日々もなかなかないから
いい機会だと本の虫になっておりますをぢこでした~☆

2009-12-22 15:34 | そらもよう | Comment(0) | Trackback(0)
せっぷくっっっ!!

…いましたね、なんとか侍。


腹を切ってから4日目
ようやく痛みも和らいで参りました。


手術当日、ドキドキしながらもベッドでガラガラ移動。
病院の天井を見ながらいろんな扉を通過。
なんかTVゲームのダンジョンみたい…(女神転生あたりか/笑)


手術室は陽気なJ-POPが流れていて
キレイで明るくて
看護師さん丁寧で先生いつも通り気さくで
ん~、悪くないね♪


麻酔の管を背中に入れるとき
かなり痛いらしいと聞きドキドキ。

『はい、では麻酔をするので横になって下さ~い』

麻酔パンフレットにあった“猫さんポーズ”をとる。

きたきたきたー!!!
これさえ耐えられたらあとは痛くない~っと
パンフレットののんきな猫さんの顔を思い出し
『こんなの痛くないニャ』
とか思いながら力んでたら思った程痛くなかったニャン。

麻酔の効きを丁寧に確認され手術開始…
と思ったら何気なく

『では尿管入れますっ』



ぐはっ!!!



…聞いてませんがな
これが一番痛かった…涙


こあがりなをぢこ
自分のお腹が切られてるのがわかるのなんてこあ過ぎるので
眠る薬を混ぜてもらい手術スタートっ











っと


眠れません(爆)



やべー
ぎゃふんー

と思っていたら

音楽が新しいPOPSから急に7、80年代J-POPに変わり

ナオミの夢が流れていて
昭和歌謡が好きなをぢこテンション上がる(笑)

あ~
最初は患者の年代の音楽を流して緊張を和らげ
麻酔が効いてる術中は先生の好きな年代を流すんだ~
いろんな工夫がされてるんだな~
と、かもめが飛んだ日を聴きながらいつの間にか眠ってしまい…


次目が覚めたら
先生ノリノリで歌ってた(笑)


ここで先生に信頼がないと

『真面目にやってー不謹慎ーっ』

なんて思っちゃうんだけど

信頼している先生だったので

『歌えるくらいの難易度なんだろう♪』

と、安心。


何回か目が覚めつつ
こあいと感じることなく手術成功。

本当に感謝いっぱいなのに麻酔のせいで
うまくしゃべれない私に

『頑張ったね!傷口小さく出来たからっ♪』

と女性の先生ならではの着眼点っニコニコで報告してくれました。

ガラガラ手術室を出て行くとばーちゃんの声がすぐして
母祖母妹の顔が覗き
意識ははっきりしているので元気を伝えたいと
ありがとうありがとうと呂律が回らなすぎる口で言ってみるが
言えてなさ過ぎて
今思うと反って心配になりそーな感じだったけど(笑)


そんな感じで初の切腹体験をしてしまったをぢこ。

その後は傷の痛みとの闘い。
術後4日後、だいぶまともな生活が出来るようになりました♪

家族や親戚他、中学時代のお友達もお見舞いに来てくれて…

本当にみんなにありがとう。

2009-12-21 19:31 | そらもよう | Comment(2) | Trackback(0)
てーもー

来たーーーっ



剃毛。



マンガとかで

『そんなことされるんなら死んだほうがマシだー』

とか恥辱に叫んでる男性のイメージが強い(偏った知識)


看護師さんに着いていき
下着を脱ぎ

ぞーりぞーりぞーり…


まぁ、婦人科内診事体が恥ずかしいので
そんな恥ずかしさはなく普通に剃られましたが

だんだん余裕が出てくるといらないことを考え出す。

『そっか~コレ、確かに初めてな男性は恥ずかしいだろなァ~』

と男目線で考え始めたら
確かに

『あ、そんなとこ…お、おい、やめろっ』

とか
ブツに刃が当たるとどーなるんだろ…

なんて下半身裸で毛剃られながら何故か男になりきっている自分に気付いたら
この状況がおもしろ過ぎて…笑

腹筋がぴくぴく

笑い声は堪えれても
腹筋が動くのは堪えきれず

ぷるぷるするをぢこに

『くすぐったいですね、ごめんなさい』

なんて気づかってくれる看護師さんに悪いと思いつつ


下毛~
尻毛~
臍毛~

キレイに刈り取られました(笑)
2009-12-16 13:11 | そらもよう | Comment(4) | Trackback(0)
本日入院。
うえぇ~ん


異常から3カ月っ
とうとう本日入院っ!


なんだか人生初な経験をいっぱいする予感凹

こーなりゃ本を読み倒してやるゾー!!!
なんかおすすめな作品ありましたらば教えて下さいまし~

メール下さいまし~

お時間ございましたら遊びに来て下さいまし~


はわはわはわわ~。
2009-12-15 16:17 | そらもよう | Comment(5) | Trackback(0)
都会のお医者と田舎のお医者。
公演を済ませ、

既に紹介状とMRI検査結果フィルムを持ち
実家から近い病院へ。

嫌な病院だったら、
嫌な医者だったら、
ちょっと見てもらうだけなら嫌でもしょうがないかもだけれど

入院、手術するんだもの。

今まで微妙な医師を見てきたから
ちょっと不安。



と、思っていたら

そんな不安、吹き飛ばすようないい先生で
看護師さんもとっても親切

しかも2年前に改築したから建物もすごくキレイ

本当、安心


先生に内診を受けながら

「あ~、これはいたかったね。がっばったね。」

って言われた時、初めて救われた気がした。

そっか、そんなこと言われたことないから
医者はそんな配慮しない生き物だと、いつの間にか認識していたのだ。



「こんな手術、本当簡単なんだから
 どこの病院だって出来るわよ。
 うちの病院だったら手術は半年後だね。」

「まぁ、痛くても我慢だね。
 どーしてもダメになった場合は救急車で運ばれるから大丈夫」

「早くしないと患部が腐る可能性もあるから
 早く処置しなくちゃ。
 (と言うクセに検査だけで1か月以上待たせ結果を出すのにに2週間かかる)」

「多分~、大丈夫なんじゃないかなぁ~」


そりゃ、人口が圧倒的に多い東京では
1人1人にやさしい言葉なんてかけている時間なんてなくて
そんな時間があるならそれを削ってもう1人診察
ってな状態なんだろうなぁ…ってな理屈ではわかるけれど。

なんか、やっぱ東京の先生は事務的だ、と
地元の先生とお話して感じた。

もちろん、東京でも素敵な先生はいるだろうし
地方でも事務的な先生はいっぱいいるだろうけどね。
数の問題ね。
遭遇率の問題さ。



まぁぐぢぐち書きましたが

症状的にはよくあることみたいで
手術も簡単だとのこと。

わかっちゃいるけど

体切ること自体こあい~
縫い痕いたいかや~
毛剃られるのいや~
尿管とかありえん~
断食~


はぁ…健康って素敵。

自分が弱虫なのもよくわかったです、ぎゃふん。


まぁ素敵な環境なことがせめてもの救い


ふぃ~
2009-12-15 10:26 | そらもよう | Comment(4) | Trackback(0)
朝っ犬っしりとりメロンぱん。
『ライブあるんすよ!来て下さいよぉ~』

『入院だから行けんですよ、ごめんよ』

『入院すか!!んじゃお見舞い行きますっ!』

『あ~、でも東京じゃなくて地元の名古屋の病院だから残念』

『名古屋でライブがあるんでそんとき行きます!』

『名古屋でライブするのぉ~いいなぁ~いつ??』

『13日っす』

『あ、私、13日に名古屋移動だよ。
 新幹線とかだったら私予約まだだから合わせるから一緒行かない?』

『あ~メンバーと一緒なんですよ~』

『だよねーーー』

『一緒に行くッスか?乗っけますよ。』

『まままままぢっすかーーー喜』


と、いうことで急きょツアーライブ移動の
THE ZIPPERZのメンバーさんたちの
車に朝8時吉祥寺から乗っけてもらって出発GO 

昨日は千葉でライブだったらしく
酒も抜けてない状態のちょっと面白いテンションの
メンバーの話に笑いまくりの移動。

東名に乗り
車ん中で蛯名のメロンパンが気になると熱く語るチロル氏
に触発され、行列が出来る名物メロンパンを購入っ

20091213002.jpg

GETっす

その数分後…

20091213001.jpg

普通っ

見よ、この不満顔っ!!
さぞかし「普通」だったのでしょう(笑)
行きつけのコンビニにあるメロンパンのが美味しいとまたも
メロンパンについて語っておりました(オモロー)


20091213003.jpg

サービスエリアででら大きいお犬様発見っっっ!
みんなで群がり記念写真。
無邪気なメンバーたちです、ふふ。

たまたまメンバーの1人と知り合いってなだけで
急きょ無賃乗車させて頂いたのですが
みんなとっても木柵(木柵?)で面白い人たちで
車内では
大仏の大きさについて熱く語ったり
意味のわからないルールがいっぱいあるしりとりなんかをして
大爆笑のあっという間の東京名古屋間でした



何でも言ってみるものですね
みんなと楽しく移動が出来たもの。

チロル氏とも
あ~年内は会えなかったなぁ~
なんて思ったら
入院前に会えちゃったっ!

今はなんも出来ないけれど
元気になったら必ずお礼するからっ!!!
Liveもいくさー

素敵な人たちとは繋がっていたいものですねぇ~

そんな
THE ZIPPERZさんたちは
明日は大阪、明後日は京都とツアーライブなんだそうじゃ。
良かったら興味ある人は見てみてねぇ~
http://zipperz.itigo.jp/
2009-12-14 20:31 | たびあそび | Comment(0) | Trackback(0)
2009年最初で最後の忘年会ふぁいやー
は、


やはり今年1番お世話になった
ももいろぞうさん。

ももいろぞうさんといえばホルモン青木@亀戸っす

20091212002.jpg

2人を撮ったはずなのに、あれれ亮さんしかいない

20091212001.jpg

こーせいさんも消えちゃうくらい出火っ!!!
青木のホルモンはこって~り肉厚な脂な故にこんなん

20091212003.jpg

火を見ると頭がおかしい人がたくさん湧いてきます
ホルモンおいしいしね
酒はいってるしね
みんな楽しいしね
女優だしね
師走だしね
ももぞうだしね、ふふふ

本当は病院な為、出られない予定でしたが
予定変更でなんとか出席っ

人数多すぎて
お話出来た人はちょこっとだけど
顔見られたしね
みんなと呑めて良かったなぁ~
あ、もちろん自粛して、最初の1杯だけであとは飲むヨーグルトでしたヨ。

また、回復したらゆっくり呑みましょ~う

みんなからの

がんばれ、いっぱい頂きましたっ
本当ありがとう~

ちょっと早目の今年度呑み収めでした。
2009-12-12 23:45 | くいもんのみもん | Comment(2) | Trackback(0)
終演。
とってもとってもとっても今更なのですが・・・

11月の舞台
ももいろぞうさんぷれぜんつ
『桃色的ギラッギラのキャバレー de SHOW』

無事(じゃない、とも言う)終演致しました。


今回は、『 不安要素の中のひとつ 』という状態で参加をぢ。

役がもらえており
既に稽古が始まっている、という中で
今回の異常が発覚し、


このままやろうか、

否か、


すごく悩み・・・演出に相談しました。

自分でさえもよくわからない状態の中

「やりたい、けど、ひょっとしたらダメになるかもしれない、でも、迷惑が、えっと」

ってな、面倒くさい話をふってしまい相談中に申し訳なくなってきましたが

「やっちゃいなよ。をぢが万が一倒れたら、私が出るから。
 大丈夫ならやって欲しいな」

ってな、すんごいありがたいお返事にぢぃぃぃ~ん。



稽古中はいろんな人が気を使ってくれた。
タクシー呼んでくれたり
のろのろおばーちゃん歩きにつきあってくれたり
辛いときは見学にさせてもらったり
いつもココロぢんとした。


なんとか助けてもらいつつも
1ヶ月前は不安でしょうがなかったけれど
いつの間にか迎えた本番。

お医者が放置なだけある~やっぱり大丈夫じゃん。
なんて思っていたら、ら、っらっ!!!


やってきた、楽日早朝っ!!!
激痛っっっ

足が動かない~
立てれない~
痛すぎる~
動くとおかしい~


ダメかも・・・


と、頭によぎってしまったら悔しくて声にならない声で泣きまくった。


前日夜。

『明日、最後までをぢこと一緒にやれますようにっ!』

一番からむ役所の、をぢこの妹役もえちんからのメールで
号泣したばっかりなのに。

なのに、なのにっ!
猫のめがねもをぢこの尋常じゃない状態に
テンパってドタバタ部屋中駆け巡る。

葛藤と痛みの中、一刻も早い方が良い、と思い現状を
演出や舞台監督さんたちにメールで伝えた。



・・・と、時間が経過して痛みが引いて来た。


はやとちったか?汗


一応、休日救急で病院に行ってみると

今日明日くらいで倒れることはないっ
ってな、太鼓判をもらったので急いで劇場に向かう。


会場時間ギリギリに到着して舞台監督と演出に状況説明。

をぢこを出しても良いかどうかの話合いをされ
出してもらえることに・・・

「をぢこが出られなくなった場合」

を想定し、をぢこが病院にいる間、みんなは貴重な時間を割いて
をぢこいないバーションの打ち合わせをしていたんだって。
本当、申し訳ない気持ちでいっぱいで一人一人に
ごめんなさいを言いながら回ろうとしたら

『ねぇさ~~~ん!待ってたっすよぉ~~~!!!』
         ※年上の人からもなぜか姉さんと呼ばれるをぢこ/爆

なんてビックリ顔の共演者チロル氏の顔見たら
涙が出て来てきてしまった。

ひとりひとりとってもあったかい言葉をかけてくれて
めんたま洪水状態。


申し訳がってる場合じゃないっ
泣いてる場合じゃないっっっ!!
開場まで時間がない~~

早着替え、早メイクが得意なをぢこ!
ぴゅっと着替えスタンバイ☆


公演が始まってしまえば集中力で全然痛みは感じないのだけど

舞台袖で

「大丈夫か?」って声、かけられるたび
「座っときなさい」とイスを譲ってもらうたび

みんなだって疲れてるはずなのに、気を使ってもらってる。

胸が熱くなって
「みんなに舞台に立たせてもらってる」
って実感した。


初めて感じる気持ちで立った舞台。


諦めようかと思ったけれど
迷惑をかけつつも、
立てて本当良かった。


あと、思ったこと。


ちょっとくらいの病気、大丈夫だいっと役者根性で頑張る
のと
迷惑をかけたら大変だから稽古が浅いうちに降板しておく

どっちが正しいかなんてわからないけれど
今回、自分が危険因子(大丈夫だけど急に倒れるかもしれない危険性が0ではない)
であったことで
舞台が崩れてしまうかもしれないリスクを持ってしまった舞台監督さんの厳しい表情
立ってもらいたいと思いつつも舞台のせいで悪化させたらという懸念がある上で
それでも出て欲しいという演出家のリスク
せっかく練習しても練習とおりじょなくなるかもしれない出演者全員の気持ち

なんだか、ちょっと軽くみていたのかもしれない、舞台を。

体調悪くなくても大変なのに、舞台。



と、いろいろ反省。




でもでも、ま、ね、なんだ
終わったことをぐぢぐぢ言っててもしょうがないんで
今回のことは肝に銘じつつも
結果論だが、本当
終演を迎えてシアワセをぢこでございました。


終わったら、
本当はバラシ作業もあるし
スタッフさんたちにありがとう
共演者たちにおめでとう
を言う場な打ち上げがあるんだけど
力尽きて大変申し訳ないのだが先に帰ることに・・・


バラシ作業をしているみんなから離れ
1人、劇場を出たとき。

吹き出した、いろんな気持ち。

劇場から鴬谷の駅までの間、泣きじゃくった。
あの道はきっと忘れられないわ。

電車ん中では
大荷物持った泣きっ面の
化粧ごてごての不思議女子状態で
なんとか帰宅。

20091122001.jpg

みんなにありがとうを思いつつ
共演者フランス王子なこうせーさんから頂いたビールで
1人乾杯をして、すぐ寝ました。


見に来てくれた人たちも、本当にありがとうございます。
毎回思うのですが、本当、みんなに感謝です。



と、ちょこちょこかき綴り
ようやくアップ出来ました(笑)
本当、今更だけど、ね。


明後日は久しぶりに公演メンバーに会える精算会&忘年会です~
入院前に、ぷらり、おじゃましますので楽しみじゃ。
2009-12-10 21:41 | をぢこやってみた | Comment(0) | Trackback(0)
現状、ひとまず的に。

体調が良くない日が多い
患部が痛い

というのにプラスされ
携帯が壊れていてボタンが押せないので

メール、返信かなり亀で淡白です・・・


ブログ更新したいけれど
右手首負傷で痛すぎて長文打てず
ちょっと書いては保存、ちょっと書いては保存・・・


ホント心配かけているみなさん
連絡遅くてすみません。

ただ会ってみると
意外に普通で元気なので心配しないでね。
電話なら出来るよぉ~。


一応、今週末から地元名古屋に戻り手術&入院です。

よくある手術なので、鼻くそだと言われましたので大丈夫です。
わっしょい♩



ん?
退院日?

大晦日だよ(爆)


わっしょいしょい。
2009-12-07 17:47 | そらもよう | Comment(5) | Trackback(0)
12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--