カモメもぐもぐイラン料理
06-01-27_22-21.jpg
高円寺のイラン料理店「BolBol」に行って来ました~


イラン♪
イラン♪


・・・をぢこ、恐ろしくイランという国の知識がないのですが

まぁいいや。

お料理~06-01-27_20-40.jpg
よくわかんないものいっぱいです
キャベツの酢漬けとか~
焼きトマトとか変な豆とか~
セロリ煮とか羊とか鳥肉とか~とかとか~
06-01-27_20-47.jpg
↑これは今日の日のメインのカモメさん。
ザクロとクルミとカモメさんを煮込んだそうな・・・
期待してたほどインパクトはなし!!(まぁ、考えてみたら鳥だしね/爆)

味は・・・
パサパサ鶏ササミ、みたいな食感。
味付はザクロで煮てあるだけあって甘酸っぱくて不思議・・・ 
なんでこんなものと一緒に煮込むことにしたのだろう。
みんな不思議でイラン滞在歴ある人に聞いてみる。

「どーしてこの味付けなのかえ?
 この味が良しとしてつけられたのか
 これしかないこーせざるをえないのか」←ココの違いはかなり大きい!

どうやら後者とのこと
やっぱ地形や気候、取れる食べれる食物も違うんですね

お米は長細くて食感はポソポソでクセのある味

06-01-27_21-18.jpg
デザートにヨーグルトを頼むとお米も一緒に登場。
みんな「え?」って感じだけど
現地の人は「お米も野菜」な感覚でとらえてるって聞いてちょっと納得。

日本人的にはお米とヨーグルトってありえない組み合わせだけど
お米も野菜、って思えばサラダとかみたいな感覚なのかなぁと。

味は・・・にんにくとバジルが入ってて普通のヨーグルトではなく
あ~お米につける用だーってな味でした。

そしてそしておなかがいっぱいになった頃
照明が暗くなりベリーダンスが始まりました!!

06-01-27_21-26~01.jpg
ちょっと感動☆
女の人のきれいさを駆使したダンスだね。
衣装もキレイで・・・やっぱその地その地の民族衣装系って素敵!
すっかり魅了されてしまいました(笑)


をぢこは好き嫌い少ないと思ってたのだけれど
この頃こっち系の食べ物はニガテだなぁと気付きました。
(今まで食べてなかっただけね、好き嫌いだらけね)
1回はなんでも好奇心で食べてみたい!って思うけど
異国の食べなれていない食べ物って難しいなぁ
コリアンダーもだめだからベトナム、タイ系はアウトだ~


でもでもいっぱい収穫があった楽しい晩餐でした☆
スポンサーサイト
2006-01-27 17:44 | くいもんのみもん | Comment(2) | Trackback(1)
風来居@渋谷 
06-01-24_18-52.jpg

以前、新宿店が某TVでラーメンベスト3に入っていたので
昼休み同僚と食べに行くことにした。

お昼休み、タイムリミットは1時間。

12時前から並びはじめて
12時半までの30分間に食べ終わって店内から出てきたのは
たった1人・・・

ん?

どうゆう回転率なんだ???
11時開店だから食べ始めたばかりの人ばかり、っていう訳でもないだろう・・・
30分ならんで列が1人しか進まないラーメン屋って。
この行列もさくらか?さくらか?
と思ってしまう勢いで35分にやむなく断念
近くの弁当屋さんでヘルシー弁当を買って急いで食べたという
そんな思い出、そんな店。

そしてスープがなくなったら閉店
だいたい17時くらいには店を閉めちゃうんだとか。

食べてみたいけど行けないなー・・・と思ってたところ、
渋谷店も味は一緒だということを知り、稽古前にいざゆかん~☆

06-01-24_18-37.jpg
塩ラーメン 700円 (味たまトッピング100円)

塩だけど~塩じゃない~
とんこつベースが強い塩ラーメンです~
1口目のスープの濃厚さ「うお!うまっ☆」
って感じだったのですが・・・
体調のせいか?だんだん食感がもたつきだし
味が単調になって、味付けの違う玉子が救い~ってなっちゃった。
チャーシューがうまい☆
白ごまいっぱいかかってて
きくらげがアクセントで・・・良い感じでした~

きっと、この前の新宿店の行列といい
体調といい
あまり縁がないお店なのかしら・・・(爆)

あ~
全然レポートになっていない!!!
でも、ま、店内もきれいで感じがいいし
こってり好きさんは一度お試し、あれれ?
2006-01-24 12:51 | めん | Comment(0) | Trackback(0)
るるる観劇。
金曜日


ハイブリッド渾沌 「水源の椅子」 吉祥寺櫂スタジオ


以前お世話になった劇団の主宰さんが出るということで
友達を誘って見に行く約束をしましたが友達は来ませんでした(爆)
まぁ良いです
1人で観劇です
いっぱいいっぱい迷って開演時間ぴったりに到着
なぜか最前列のドセンターを案内されました・・・
(後れ入りであの席は恥ずかしいね)

トイレです
個室が5つのトイレです
床のセメント打ちっぱなしな感じもトイレそのものです
装置素敵

簡単に言うと
トイレで大をして水が流れないので出て来れないで困っている女の
彼氏が外で待っていた最中、何故か変な世界に飛ばされて
その世界のおかしい住人にさんざん面白いめ(?)に遭うお話。

良し悪しは別として東京でみたお芝居で一番好み的な感じだったかもです。

人の使い方がうまいなぁと
配役って大切ですね
どの役の人もおかしくて素敵でしたが
好感が持てたのは主人公さんです 

異空間で
あの演技が素直っぽくて良かったです
みんな濃かったからねぇ



土曜日


小指侍 「ロイヤルなハニー」 神楽坂ディプラッツ


以前お世話になった劇団の看板女優さんと
そのお芝居で共演した方が出演するということで
佐川急便のトラックもすべっちゃう雪の中
ほんとにこの先に小屋があるのかと不安になりながらも行ってきました
履物を脱ぐとこで雪のブーツはよろしくないですね

簡単に言うと
交尾をしたら死んでしまう雄ミツバチが
女王蜂に交尾をせがまれるが死にたくないので逃げて
その道中、不思議なハチ(?)を授かり
雌ハチと3匹で擬似家族を作り楽しい生活をしながらも
自分が死んでしまうとしても交尾をして子供を残したいと思えるようになれた話。

カマキリの雄の話は知ってたけど
ミツバチも交尾の瞬間死んでしまうことは知らなかったなぁ
昆虫世界はわりと女が強いことのが多いのかしら?(あ、人間もか)
ワラジ虫は雌がかわいそうだね
生まれてからすぐ数歩移動してココと決めたら一生動けない
足も手も無くなってしまうんだって

・・・っと話がそれましたが
そうゆう生物の悲しい生態を題材にしたところは好きです

お話もわかりやすくて好きなのですが
役者さん1人1人も良いのですが
装置も衣装も凝っててかわいかったのですが
なにかまとまりがなくテンポが悪かったなぁ
映像が出るとこで出なかったみたいで
ひたすら真っ暗な舞台の中、音楽だけが流れていて
やっと最後ちょこっとだけ映ったのが
微妙な少女マンガチックなイラスト映像・・・微妙。
途中、何故か舞台と客席を移動させる、ということがあり・・・
あれは何か意味があったのでしょうか・・・(あったからやったんだろうなぁ)
まっ平らな舞台の一番奥にされたので
後半はほぼ何も見えず
見えるのは高いところにあるオペさんの薄暗い顔・・・(爆)
スピーカーが舞台にあるのかBGMが流れると
後ろからの音で役者の声が聞こえず・・・
斬新さとかを狙っただけなのであればやめて欲しかった(個人的意見)
最初に受付で上演時間を聞くと2時間予定とのことで
それに合わせて予定を入れたのに
実際は2時間40分・・・
押し込まれた舞台からは退路もなく
終わって速攻帰りたいのに身動きとれない状態・・・

舞台の内容ではなくそーゆうとこもかなり重要
せっかく芝居の内容が良くても忘れちゃうもん

好きな役者さんは幸四郎さん
あーゆう味は女にはなかなか出せないものかしらん
 


日曜日


中島部屋 「スイートルーム」 池袋シアターグリーン


以前共演した方からお手伝いしないかい?メールを頂きスタッフ参戦
会場入りしてわけもわからないまま
お昼ごはんを支給されて(ありがとうございますT_T)
仕事らしい仕事もしていない気もしますが・・・

簡単に言うと
プロを率いるボード教室の人々が繰り起こす雪山殺人事件
人が死んだ状況で狂い笑う人たちと
見えていた現実が実はひっくり返るちょっと不思議なサスペンス系なお話。

主催の中島さん、とても味があります
ひっぱってきますねぇ
目を向けざるをえませんねぇ
ほぼ、酔っ払ってずーっと笑い続ける役
結構大変そうだ
笑っているうちになにがなんだかわからなくなってしまいます
それも狙いなのだろうね
ずーっと笑い続けている不思議な空気の中
真実は、な突然起こる展開が良いのかな?
最後、一気に装置が動き出したところ
意味あるの?的なものもある気はするけど
それがまた良い切れ味になったのでしょう、すっきりだね(意味あるんじゃん)
ただ、私的には教室の生徒の存在が微妙で気持ち悪かったです
・・・でもま、今は変な人、よくいるし
それはそれでリアルだったりするのかなぁ・・・

百歩蛇、勉強になったし
打上げ面白かったし、ありがとうございました。


久々の観劇DAY~
やっぱ刺激は受けましょう!ですな☆


※上記はあくまでもをぢこの勝手な解釈ですので~あしからず~
2006-01-22 18:36 | みたきいたよんだ | Comment(0) | Trackback(0)
Pianist with Mussolini
雪の中、渋谷の歩道橋で
前を歩いていた通行人さん(見ず知らず)を巻き添えにして階段から落ちる。


つるつる。


東京は今期始めての雪だね。


つるつる。


そんな中、友達に誘われてライブに行く。
久しぶりだ~昔、ライブハウスで働いていたことを思い出す。
懐かしい雰囲気。

Pianist with Mussolini

読み方わからん!!
読めないと覚えらんないね!!(私だけかなぁ)

・・・やっぱバンド名は覚えやすい方がいいなぁ・・・(ぶつぶつ)

男Voで女Drの3ピースバンド。
ポップ?ロック?な感じでなかなか柔らかい良い声でした~
音楽は好みではないのだけれど
MCは面白い。
やっぱ、ライブはMCが上手くなくちゃね。


ギターをノロノロとはじめたばかりのをぢこ。
いつもはドラムさんばっかりみてしまうのですが
やっぱ、ギターに目がいっちゃうわね。


私もいつかボヘーっと唄っていたいなぁ
ギター片手にみちばたライブ。
2006-01-21 18:06 | そらもよう | Comment(3) | Trackback(0)
タマノコシ。

1月20日  玉の輿の日



1905年 芸妓お雪がアメリカ財閥モルガンと国際結婚した日にちなんで制定




・・・なんだそうである。


敬老の日には
お年寄りを敬いましょう

体育の日には
運動をしましょう

勤労感謝の日には
働いている自分の体を心をいたわってあげましょう


なぁ~んてことで何の日、とかなってるんだけれど・・・


今日は何をすれば良いのかしら
2006-01-20 13:38 | そらもよう | Comment(3) | Trackback(0)
巣鴨酵素風呂
sugamotennai.jpeg

なにやらかなり有名、とのことで行ってきましたは巣鴨酵素風呂

仕事の終わり時間が18時で
予約の最終受付が19時・・・いそいそ~

都電荒川線という味のある路面電車に乗る
さすが「おばぁちゃんの原宿、巣鴨」!!
電車も町並みもなかなか味がある町

19時ギリギリにつく!

ママさんがお出迎え
「いらっしゃいませ!
 お待ちしておりました!
 本日は始めてでいらっしゃいますか!?
 そーですか!(この間、返事を入れる間もなし)
 こちらのガウンとタオルをお持ち下さい!
 予約時間が過ぎております!
 どーぞお着替え下さい!」

すごいテンポの良い(良すぎ?)接客で出向かれて
丁寧に急かされました(笑)

服を脱いで
ガウンとデカパン(?)にはき替え
ヘアーキャップを装着!!

有無を言わせずオガクズの中へ!!!

「パンツのみで入ります!
 ガウンはお脱ぎください!」


・・・ヘアーキャップに上半身裸でデカパンでございます・・・


全身埋まり、顔にもオガクズが乗っかる
んで放置、15分・・・

ヒノキのオガクズと米ぬかを酵素で化学反応を起こさせ熱を出し
その熱に蒸され毛穴が開き有効な成分が浸透して体にとても良いんだとか

冷え、美肌、痩身、コリ解消、整腸、などなど色々な効果が!!


あ~あったけー

あ~汗かいてきたー

あ~オガクズ臭いなぁ~

あ~手で掘ってみると下のほう熱いなぁー

あ~・・・もうそろそろ苦しくなってき・・・

ピーピーピー!!

丁度良いところでタイマーが鳴ってシャワーを浴びる
お茶を飲みながらひと休憩。
06-01-17_19-37.jpg

お肌がふわふわ、なんとなく色が白くなったっぽいです~
(をぢこ&同僚談)
そしてあら不思議、肩が軽くなり肩こりがなくなっちゃいました!!
・・・もうちょっと近くにあったら通ってみたい気もするけどねぇ
(あ、でも通うにはちとお高いかしら)

20年の歴史、有名なお店だけあって
いろんな有名人の写真やサインがずらり並んでいる休憩室


一番目をひいたのは
かなり若いKinKi Kidsの2人と田代まさしの
上半身裸の楽しそうな3ショット写真・・・
今となっては貴重な写真よねぇ、ぎゃふん。


帰りにとげぬき地蔵さんに
のどの不調、咳解消と吹き出物解消を頼んで帰ってきたのでした♪06-01-17_19-56.jpg

2006-01-17 17:41 | たびあそび | Comment(0) | Trackback(0)
日本国憲法25条
すべての「国民」は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する


深夜やっていたドキュメンタリー番組
あれ?テレビって・・・

人の死体とかってモザイクなしで放送して良かったんだっけ・・・


ちょっと気の弱いごく普通の男性
大学を卒業して就職してやる気満々で田舎から都会へ出た

仕事が少し上手くいかずクビになり
てんてんとしたけど結局職に在りつけなくなってしまった

無職になり日々食べるものにも困り
実家の親も貧しいので頼ることも出来ず衰弱
一時的に生活保護を受け入院をするが

退院後
自宅のアパートで餓死
発見されるここともなく台所でミイラ化

まだ30代の男の人だった

スーツを着て普通に笑っている写真は私達となんら変わりは無い
この頃はきっとまわりの人を含め
本人もこんな結末になってしまうことは予想もしなかっただろう

この人がとくに特別だったわけじゃない


腕利きの畳職人
不況な世の中50代半ばでリストラにあう

歳や業種の問題で再就職も出来ず
家賃は8ヶ月滞納
食べるものもなく
胃に激痛がはしるがお金がなく病院にも行けない

生活保護の申請をしようとするが
門前払い話も聞いてくれず

「畳の腕なら誰にも負けない自信があるのになぁ・・・」
と言いながら
自分が作った小さな畳と
現役の頃の仕事をしているところの写真を
大切そうにみせてくれる

働きたいのに働けない
痛みを堪えながらただ目を瞑る

まだまだ働けるのに
明日を見ることも辛い
そんな生活


健康で文化的な最低限度の生活・・・


最低限度、越えてるよねぇ

そんな人たちを保護するための法律なのに
ほとんどの人は申し込みの用紙すらもらえない
門前払いなんだとか・・・

財政難のためもあるんだとかで保護をどんどん打ち切り
窓口では元そっち系だった人たちを配置して威嚇する

厚生労働省に取材に行っても
門前払いで誰も何も答えてくれない

病気の人
身寄りのない人
高齢の人

その人の怠慢とかだったらもちろん
「そんな甘い法律/怒」
まじめに働いてる人がバカをみる、みたいなのはおかしいけど


当人に責任はないような人たちは守ってあげて


自分も不安になる

この頃そーゆうことも考えれる歳になったのかもだけど
ちょっと不安
(そのためにもちゃんと現実みなくてはーーー)

今は大丈夫だけど
誰でもどこで転ぶかわかんないもん

自分の息子が知らないとこで餓死していたら・・・
その人の母親が泣いて話す


小さくうずくまって骨と皮だけになって誰にもみつけてもらえず
彼のような人間がこの日本でも急増しているらしい


上と下の差がありすぎる


実際の彼の最期の写真をモザイクなしで
放送していたが

床に置いてあった洗面器とトイレットペーパーが
リアルにこあかった
2006-01-16 17:35 | そらもよう | Comment(7) | Trackback(2)
グルメハウス薔薇亭 高円寺
05-07-10_14-39.jpeg
高円寺に住む前から時々利用していた大好きな洋食屋サン
引っ越してきてからは初☆

厨房で乾燥ワカメをつまみながら調理する気の良さそうなマスターと
派手な格好(頭に蝶々とか鳥が飛んでます)の
お上品で、時には厳しいママさんの2人コンビのあったかいお店。

店内は変った飾り物や、花や、手書きのメニューや、注意事項(マナーは厳しいっす)
豆知識などがびっちりで独特の雰囲気。
牡蠣は海のミルク~とか
カツカレーのおいたち~とか
カウンターの上や隣の席に荷物を置くな~とか。
メニューによって食べ方も指示されます(笑)

06-01-14_13-07.jpg
ポークジンジャー (ご飯、味噌汁、お漬物付) 850円

薔薇亭名物 超山盛りキャベツ!!どーーーん。
(「体にいいからたぁ~んとお食べ」と言われます)
豚肉が普通の生姜焼きよりも分厚くてすっごく柔らかい!
キャベツを生姜焼きのタレと絡めながらいただきます。
(それで十分おいしいからソースは使わないでねと言われます・・・納得☆)
ご飯もぴかぴかコシヒカリで
健康志向なのでご飯の上には白ゴマ黒ゴマしらすが乗っかってます。
お味噌汁もゆず(みかんかな?)の皮でアクセント。

味はもちろん、かなりボリューミー(苦しい!)で大満足~


今回行ったのは
「この野菜価格高騰な時期、薔薇亭の超特盛りキャベツはどうしてるのだろう」
と気になったので行ってみたのですが・・・
上記の通り、いつもどおりの量が出てきてメニューも値上がりなし。

「今、キャベツ大変ですよねぇ?どーなってるかちょっと気になって来たんですけど」
「そーなのよぉ、例年の5倍よ、5倍(価格が)!!
 でもね、そんなとこで減らしたり値上がりしてたりしたら
 来てくれたお客さんたちガッカリするでしょ。
 私もこの前鍋を食べに行ったら白菜が2,3切れしか入ってなくてビックリしたのよ。
 だからくるしいけどうちは変えないの。 
 野菜が高くて食べられない~って人はうちいらっしゃい。
 いっぱい食べさせてあげるから」 
 
と話してくれました
なんかそうゆうのってすごいよね。
あそこに行けばキャベツが食べられる~って来る人も多いんだとか。

おなかいっぱいホワホワ気分の帰り道でした☆
2006-01-14 11:04 | くいもんのみもん | Comment(5) | Trackback(0)
ビデオ
テレビというものはあまり(めったに)見ない世界の人間でしたが
この頃、東京であまり遊んでくれる人がいないので
かなりテレビっコになってきた気がする。


映画と ドキュメンタリーと NHK  (お気に入り)


ビデオに録りまくって休日朝からボヘーっと観倒す。


・・・んが。


この頃録画がうまくいかん!

古畑の松嶋氏が
「あたしね、わかったことがあるの プチッ!! ザァァァァァ」

女王蜂で稲垣氏が
「以外でしたねぇ真犯人は プチッ!! お正月の・・・(←重ね録りした違う番組)」

くりいむレモンでおにいちゃんが
「わーーーー プチッ!! ウィィィィィーン(テープの巻き戻る音) 」


と、嫌がらせかと思うくらい良いタイミングでラスト数分の録画が切れている・・・
(何故わざわざこのタイミングなんだ、気になるではないか/怒泣)

機械オンチだから仕方ない・・・

なんて思ってたら
テレビの内蔵時間設定が18分進んでいた
何故気付かなかったんだろう、ぎゃふんだよ、ぎゃふん。
ラスト数分の悲劇である。

Gコード予約ってやつ、覚えようかなぁ・・・
(きっとかんたんなんだろうが毛嫌い)
DVD?そんなのしらねぇーよ、ビデオで十分だもん・・・多分。


まぁいいや 凹
2006-01-13 11:52 | そらもよう | Comment(2) | Trackback(0)
寒中見舞。
06-01-08_23-05.jpg


今年届いた年賀状は7枚
今年出した年賀状は0枚

小中学校のころは全部手描きで3、40枚は描いてたのに・・・

いつからか年賀状は年賀メールにかわり
今年はそのメールもほとんどしませんでした

駄目ですね

せめて下さった人々だけにでもお返事をと
仕事がヒマだったのでなんとなく勤務中に描いてみました


いつもブログを読んで下さるおかしい素敵な人々へ・・・
今年は特別寒いっぽいけど今後とも宜しくですだぁ



はがき買うお金ないから
出した7枚は
平成10年~12年モノだぜイエイ☆

ちょっと黄ばんでるぜイエイ・・・(謝)

2006-01-12 18:24 | そらもよう | Comment(3) | Trackback(0)
遭遇。
仕事の帰り、私は
「あー家帰って自炊しようか、マックのデミバーガーにするか」
の葛藤に頭の中を支配されていた。

っと、

ドカーーーン

とすごい音。

交差点でバイク便とタクシーの事故。

バイクは倒れタクシーの下にもぐり
荷物が交差点中に飛び散らかっていて
タクシーも3車線ふさぐようなかたちで止まっていた

うわ・・・バイクさん無事!!??

それだけが心配してみてみると
ヨロヨロと起きだした

ひとまず良かった。

んであたり一面に飛び散らかった荷物を
車を避けながら拾い出した
その荷物のせいで車は通行出来ず連なりはじめた
(traffic information「事故の為渋滞」状態)

オフィス街の帰宅時間帯の駅前だけあってまわりは
帰宅途中の人だらけ
すぐ野次馬になる

荷物が細かくて広範囲に散っているので
ヨロヨロバイクさんが頑張って拾っているけど
1人じゃとても時間がかかるはず

野次馬な人々
こんなけ人がいてなんで皆見ているだけなんだ???

以前、走って横断歩道を渡ったら
ちょうど交差点の真ん中で財布のカード類が吹っ飛んで
でも信号が赤になってしまい
ひとまず渡りきり、車たちがカードを容赦なく踏みつけていくのを見届け
青になってばら撒かれたカードたちを急いで拾ったが
大勢の人がジロジロ見ながら避けるように歩いていく・・・
見てるだけで手伝ってくれようとする人が1人もいない
手伝わなくても良いからせめてこっち見るんぢゃねー(T_T)
恥ずかしかったし切なかった・・・

そんなことを思いだしてしまった。

よし、
信号が青になった

手伝おう

野次馬ととうせんぼされて苛立ってる車との大観衆の中
必死に荷物をかき集める。

おし、
1車線分片付けた!
車がノロノロ流れ始める。

なんとか全部回収してバイクの人に渡し
ひとまずの外傷はなしで普通にしゃべれてたし
気が動転して手伝うことも出来なかったタクシーの人も
どうやら復活して電話をしだしたので
一安心、すごい人で居づらいのですぐ地下鉄入り口に向かった

改札を通り
行ってしまったばかりの地下鉄を待つ

バイク便もタクシーも
命には関わらない事故だったけれど
2人とも運転出来ての仕事
信用問題もあるし
仕事に支障がないといいなぁ

自分も高校時代原付ですべってしまって(恐るべし鹿児島の灰!)
原付ごと土手から田んぼに落ちてしまい
結構な高さの土手で原付を持ち上げることが出来ず
意識朦朧とした中
通りかかった軽トラのお姉さんが助けてくれたりしたコトを思い出した

そんときは気が張ってるからなんともなくても
あとから衝撃がくる・・・
運転手さんたち大丈夫かな

いろいろな記憶をよみがえらせた事故現場

人ゴミを抜け
地下鉄に乗り込んで
一安心したあと遅れておそってきた手の振るえ

事故ってやっぱこあいなぁ・・・
2006-01-10 14:13 | そらもよう | Comment(4) | Trackback(0)
筋肉舞台。
横浜でやってるマッスルミュージカルに行ってきました~

オープニングがすごい迫力!(サーカスだ)
かなり高い跳び箱を男も女も連続でぴょんぴょんぴょん~
全員縄跳びなんかは見てて壮観。

この頃、舞台を見るときって
なにかと揚げ足取るようなこととか色々考えながらみてしまうけど(ヤな大人だ)
マッスルは何か考えさせる前に
わかりやすくほんとすごいと思えるコトなので素直に感動。
みんなとてもニコニコ楽しそうにアクロバっているので
こっちも楽しくなりました☆

やっぱ人を楽しませるってのは
「やってる本人たちが楽しんでる」ってのが大前提ね、とつくづく思わされました。
(ほんとはとても辛いポーズなのかもだが)

席がかなり前の方でしかも花道よりだったので
みんなの顔も筋肉もはっきりくっきり☆

今回かなりお気に入り(というかその人ばっか目で追ってしま~う)は
玉手みずきちゃん・・・この人の「魔性」には釘付け!!げへへ・・・←イヤ
高星寿子さんのキレイさったら・・・白髪にズキューン。
あとあとブレイクする前からNHK好きの我が家のアイドル
弘道おにいさんも間近で見れて
あいのりのとき好きだった直也も拝め(でも金髪より黒髪のがええ)
みんなの腹筋を見ながら
「日々の筋トレメニュー、10回ずつ増やそう・・・」と。

モンスターボックスの不必要な高さを間近で体感
トランポリンで壁を登っていけるのにびっくりさせられ
一番印象に残ってるのがブラックライト効果を利用した
和なリボンの舞がキレイなのと獅子舞のシーン(幻想的じゃ)
お正月バージョンということもあってか和がいっぱい。
和モノってやっぱ良い。

ただ、ちょこっと残念だたのは
まだマッスルミュージカル始めたての頃TVでの特集を見たときは
もっとシンプルでなんでそんなことするのぉ~
「こいつら筋肉バカだぁ~」みたいなことをやってたんです。
舞台の上で何人も並んでひたすら腕立て~みたいな・・・

でもそれがすごいと思って一度見に行かなきゃ!と思ってたのですが今回、
「筋肉で魅せる」
というよりは
「演出で魅せる」
というものがほとんどだったのでそこはちょこっと惜しい感。
(そいえばひたすら走ってたね、あーゆーの)
ま、売れていくとどうしてもリピーターのことや
いろいろな面で満足させなきゃいけないからしょうがないことなのかなぁ。

06-01-09_13-50.jpg
メリークリスマッスル とか
宜しくお願いしマッスル とか
ドンマイケル並みにマッスル乱用しすぎだと思いマッスル。





痛みも喜び」マッスルミュージカルの中での名言(笑)
2006-01-09 15:58 | みたきいたよんだ | Comment(3) | Trackback(0)
七つ森  高円寺
06-01-07_16-31.jpg
ルック商店街にあるレトロな喫茶店七つ森
古い長屋を改造して喫茶店にしたんだとか。
とても良い味を出しています~

06-01-06_20-46.jpg
野菜カレー  1045円(サラダ、スープ付)

ずっと人気なカレーなんだそうな。

野菜が大きくてナス、トマト、にんじん、大根が入っています。
大根、好みもあると思いますが
みずみずしくて(水っぽい?)私は好きです~

煮詰まってる感はあるけど
ルーがゆるいので
ドロっとしたカレー派さんにはひょっとしたら物足りないのかも
でもでもとても優しい味でした。

手作りのケーキや
オムごはんはもちろん、コーヒーもおいしくてにじゅうまる◎

ただただオーダーしたものはかなりマイペースで出てくるので
急いでいる人、短気な人はやめておいたほうが良いのかな(笑)

1人でのんびりしたいとき、本を片手に、ってのが良い☆


メニューを見ると全部うっとおしい具合に下1ケタが5円なんです。
支払いしたらおつりで5円玉にリボンが付いています。
ご縁がありますように、かな。とてもホンワカ気分にさせられます。
(お財布の中にこのご縁入れてると七ツ森のことを思い出す、策略か/笑)

外国人さんがいちごケーキを注文していて
絶賛している姿がかわいかったなぁ~


ゆったりとした空間でボケーとしたいとき
レトロが好きな人にはおすすめです(^^)
2006-01-06 19:15 | くいもんのみもん | Comment(2) | Trackback(0)
キラキラ襷。
朝から駅伝みた。

往路も復路もばっちり見てしまった。

自分のお気に入りはやっぱり
山梨学院大の2区のびっくり1年生12人抜きと
亜細亜大10区ラストの人の
気持ち悪いくらいのフォームの良さと
気持ち悪いくらいの笑顔。


万年補欠だったけど・・・
苦しさで足を止めたい葛藤と
たたかいながら走った陸上部だったころを思い出した。
その苦しさを乗り越えたあとには
とびきりの気持ちよさがあって。


すごいなぁみんなキラキラだ。
2006-01-03 13:37 | そらもよう | Comment(2) | Trackback(0)
バカポジ。
2006年の目標は

ポジティブ

何事も前向きだ、前向き。

今日は保育園&中学が一緒だった友と会う。
会ってすぐ、今年の目標を友人に宣言してみる。ふん(意気込みの鼻息)

お気に入りのお店
スパゲッティオールドファクトリーでランチして
大須でお買い物をするためにプチドライブ。
熱田区に入り車の動きが止まる・・・なんでだ???

 熱田神宮前の道路全面通行止め

・・・しまったぁ。
全然車が進まずなんとなく眠気がおそう。

を「正月早々、大須なんかに行こうと思わなきゃ良かった・・・」
友「はーい(怒)」 ←すぐ出るをぢこのネガ語を怒る、の図


あ、すいません。


友「あ~あの建物、専門学校なんだねぇ知らなかった!」
を(専門学校かぁ・・・もっと違う学校行っとけば良かったなぁ・・・)

と考えていたらBGM林檎に

昨日のことは忘れちゃおう~

と言われた・・・
昨日のことすら忘れたほうが良いのに私は何、5年以上前のことを悔やんでいるんだ。


その後もネガティブ発言をしまくるをぢこ。
どうやら根っからの後ろ向き人間らしい・・・ 凹
いいもんいいもん心がけるさ、ポジティ部入門。


 、うまい棒を歩き食べしているオヤジ2人組を発見(レアだ)

を「うわーーー
  見て見て、あそこのオヤジ、いい年してうまい棒の袋の裏側舐めてるよぉ
  キモーい!!」

友「そこは違うよ、
  あの歳でもそんな子供しかしないようなコトが出来るなんて・・・
  なんて『少年の心を持った』素敵な人なんでしょう~
  だよ!なんでもそうやって否定するから彼氏出来ないんだよ」

を「そっかーーー!!
  モノは捉え様だね☆気をつける♪」




前向き、前向き。 


2006-01-02 18:03 | そらもよう | Comment(3) | Trackback(0)
平成18年。
V6010020.jpg

新しい年もはじめ
実家に里帰りしたをぢこは
家族のみんなとお雑煮を食べ終わってダラダラタイム。

TVを見ながらリビングで寝転んでいる妹の
顔を冗談で踏んずける父。

父「ゴロゴロするなぁ~」

妹「お父さん(足の裏)なんかくさい!」

新年早々ほほえましい(?)父と娘の姿である

その隣を慌しく掃除機のゴーゴーうるさい音をたて母が通りかかる。

を(母~うるさい~)

母「あ、お父さん!!おろしたばっかなのにズボンもう汚れてる!!!
  だらしないねぇ~(怒)
  ウンコでもつけとるんじゃないのー!!」

父「は!?どこ??(焦)」

着いている汚れの臭いをかぐ父

父「うわ!!ほんとだぁ~」

妹「わ~マジでぇ?やっぱ臭いと思ったもん」

父母妹「やだ~☆」



・・・。

母がウンコと言い出した途端、
「この人、元旦早々また小学生みたいな冗談言ってるよ/呆」

なんて思ったのにまさかほんとなんてなんて家族だろう・・・
(どうやら飼い犬エル君のフンがズボンの裾に付いていたらしい)
犬のフンが付いたズボンを顔面に押しやられて
「なんかくさい」で笑っている妹も妹だ。
(てっきり足がくさいと冗談を言っていたのだと思った)


まぁいいか、家族万歳。

この正月は「太って帰る宣言!」をしたからには
家中の食料を食い尽くしてやろうと意気込んでいたのに
冷蔵庫も空っぽでお菓子とかもなっしんぐ・・・

「あ~、今はスーパーも元旦からやってるからねぇ」

だそうだ。

年を越すために年末はやたら正月用の食料で冷蔵庫パンパンだったなぁ
なんて、そんなとこからもお正月らしさって感じていたのにね。

と、いいつつも
朝から雑煮とパンケーキを大量に食べているくらいだから
まぁ太る宣言のほうは心配ないでしょう。


そんなこんなで    2006年★
新しい年、今年もみなさんほど良くお付き合い下さいまし。


べんべん。
2006-01-01 14:32 | そらもよう | Comment(3) | Trackback(0)
01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--