ろんはー
ロンドンブーツなんて興味なかったのですが。
「生青木さやか」を見にロンドンハーツ収録テレ朝に。

TVで観るより
写真集より
実際生でみた彼女はかわえかった☆
aoki.jpg
収録が終わりロンドンブーツの2人と青木氏がいなくなり
帰る人の波が出来始め、
なごり惜しむ人々がそれでも無人の舞台を必死で写メ。
舞台に群がる人々から「も~帰ろうかな」と思って
1人後ろを向き離れたをぢこの目の前にあつし氏(漢字わからん)が。

みんなは青木さやかの立て看やらポスターの残る舞台に釘付けで
をぢこしかまわりでは気付いてないらしく
(いや、遠くにはいたかもだが少なくとも近辺ではいなかったのだ)
人ゴミの中1人逆方向を向いてるをぢこにあっちも気付いて、
ファンとかなら黄色い声を出していただろう場面だが
じ~と目が合っているのだけどずっと無反応なをぢこに

ニコっと笑い、手を振ってくれた。


うわ・・・


をぢこも手を振り返すと同時に

「あ!!あつしだーーー!!!」
と彼に気付いたファンの大きい声が聞こえ
「どこどこ!!!」
「ほんとだーーーきゃーーーー!!!」
と、また辺りが騒ぎ始めると彼は消えてしまった・・・。

「あの人なんで人気あるんだろう」←あんまいい印象がないf^^;
なんて思ってたをぢこだけど

わかってしまった。
不覚なコトにわかってしまったのだ!
く、くやしい、かわえかった・・・ぎゃふん。
スポンサーサイト
2005-04-17 15:51 | そらもよう | Comment(0) | Trackback(0)
おかまの日。
なんだそうで。
(3/3女の子の節句と5/5男の子の節句の中間なので)
まぁ、そんなコトはどうでもいいんですけど。

この頃、寒暖の差がはげしい!!
助けて下さいよ。

なんかまた風邪ひいた・・・です。

通勤時の満員電車、とくに苦と思ったコトはなかったのですが
(好きな本を読んでいれば20分なんてすぐだしね)
熱があって、目眩がして、吐き気がした時、
5分位ドアが開かない電車は地獄と化します・・・

どこかにつかまるとこも出来ず、
座れもせず、
ぎゅうぎゅうと普段なら絶対ありえないないような距離に人がいて(というか密着して)
色々な人の体臭と熱気に包まれて
ただ、ドアが開くのをひたすら待つ。

「あ~ぁ、ココで吐いちゃったら最低、この人とこの人にはもろかかるな・・・」

なんて考えつつも何とか駅に着くのであります。

このコトを友人に話したら



「う・・・吐く。」



とかほんと辛そうな声で呟いたらあんたの半径1mくらいは空くからだいじょうぶ(笑)

な~んて教えてもらっちゃいました、グッドアイディア♪

・・・会社の常備薬なパブ○ンばんばんざい。
明日は良くなりますよ~に。
2005-04-04 11:57 | そらもよう | Comment(0) | Trackback(0)
いけふくろう。
今日は急に暖かく(というか暑く)なって気持ちいい。
ようやく春っぽいのかな。
半袖の人々もちらほら・・・

池袋はいつものコトながらすごい人ゴミ。
ごみごみごみごみご、ごふんごふん!!!!

あまりに気持ちいいので手作りパンとマックシェイク(¥100☆)を買って公園でランチ。

と、めっちゃでかいおっさんの怒鳴り声!!

「なんではぐれるんじゃー!!」

と同時に8歳くらいの男の子が張り手をくらい目の前で吹き飛んだ・・・

!!!

周囲にいるゴミの方々もビクつき目をやる。

どうやら息子がはぐれてしまったドンくささを怒っているらしく
なんでついてこないんだー
ハルキ(弟らしい)は着いて来れてるのになんでお前はそんなコトも出来ないんじゃー
だからお前はバカなんだー
このバカめー
どっかいけー

とすごい勢いで怒り散らしもう一度張り手・・・
男の子は倒れながらも無言で立ち上がった。

ある程度はしつけだと思うけど
ココは池袋だよぉ~大人でもはぐれちゃいそうなのにちびっこだよう~
あんまりバカバカ連呼するので可哀想で
「この人ごみじゃ無理もないと思いますよ」
言おうか・・・と葛藤していたら
そばにいたおじいさんが
「まぁ、そのくらいにしてあげなさい」
かるく父親をなだめ、奥さんらしいおばあさんが男の子の頭をぽんぽんした。

言いたかった。
けど言えなかった。

弱いな自分。
2005-04-03 20:08 | そらもよう | Comment(0) | Trackback(0)
4月ばか。
・・・うそつくの忘れたよ。
2005-04-01 13:36 | そらもよう | Comment(0) | Trackback(0)
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--