平野ノラ
『平野ノラに似てる』


なんか急にLINEで言われた


ので

寄せてみた







寄せなくても似てるってさ(笑)


言われないと気づかないもんだね

今まで何も思わなかったけど
そう認識してから観てみたら

似てるんだよ、ね

うん…



スポンサーサイト
2017-01-06 08:39 | をぢこやってみた | Comment(0) | Trackback(0)
第57回津田塾祭☆小平サーカス


小平中央公園の銀杏がきれいっ
この色くらいが一番好きだったりする
いいお天気の中輝いてるね

昨年も参加させて頂いた小平サーカス@津田塾祭

名門お嬢様大学キャンパス
普段は関係者以外入場できない学園敷地内で
みんなで大道芸~
なんてありがた素敵なのだ

きもいこわい言われながらも
をぢこ暴れて参りましたっ☆

昨年もいたよね!
と気軽に声をかけてもらったり
仲良くしてくれる警備員さんがいたり
ほんわかな空間

いちばん嬉しいひとことは

「俺、この津田塾祭でコレが1番感動したわ」

とをぢこを観ながらつぶやき
ちょっとしたら違う場所にいた学生さんを連れて帰ってきた!
んで

「マジすご、尊敬の域だわ」

なんてお友達も言ってくれたんだな

地味だし、ただ固まってるだけなんだけど
そんなこと言ってもらえるなんて光栄すぎる
ありがとう、若者たちっっっ(涙)





ちびっこが小平サーカスメンバーみんなの
イラストを描いてくれたっ!
めちゃかわいいし皆特徴をとらえてるわ~(嬉)

…をぢこ、こんなかわいくないけど、いい?(笑)

ムードメーカー明るいもっきー
しゃべらないのに破壊力すごいてるやん
やさしい足長きーくん
達者マイペースたかぱーちさん
お久しぶりの不良じゃなかっただんちょー
お初でテンポ良いショーが素敵なぱわぁさん
会うたび成長がこわい草志くん
とにかくアツいジローさん

みんなありがとう
またごいっしょ出来るのがタノシミ

津田塾のみなさんありがとう



2016-11-12 20:10 | をぢこやってみた | Comment(0) | Trackback(0)
舞への誘い@大和


第26回花翆流「舞への誘い」


路上でパフォーマンスをしていたら
おばちゃんが声をかけてきた
お仕事をお願いしたいって

この頃はたまにあることなので慣れてきたが
当時はじめての私はびっくり
素性も知らない私の芸だけを見てお声がけくれる
ありがたいことだぁ

電話でざっくりなお話を済ませ
打合せもなく当日向かったは
大和市の素敵なホール!

そしてそして当日判明っ
お声掛けくださったのは日舞のお家元だった!!

いやいや、素敵な舞台のエントランスの賑やかし
日舞に関わっていて
パフォーマンス慣れされている方々に
満足してもらえるかドキドキでしたが
思った以上に反応を頂け安心でした


至近距離で顔をのぞかれながら

『やっぱり目をみればわかるのよね
 どんなにリアルでも~きれいなお人形っ』

と言われたときは面白かった~




楽屋のコレ、違和感でしかない(笑)


楽屋に帰ると

『あら!?受付の!!?
 私てっきり人形かと思ってたわ~』


と楽しそうにお声がけくださるみなさま
フレンドリーで嬉しゅうございました


この衣装もずいぶん長い時間を共にしている
こういうお着物に詳しい人たちが見ても
納得してもらえるものにしたいっ
と、着物に詳しい知人にいろいろ相談して
丁寧に作成してもらった

和裁を取り入れ普通の着物と同じ形にしてもらったり
人形っぽいフォルムを出したいので
帯や帯紐、丈にデフォルメ感を出してもらって
最初発注したのが赤だったんだけど
をぢこって赤より紫なイメージなんだけど
ってアドバイスを受けた色

赤でなくてよかった!
大道芸人赤い人が多いから!って今はそれも感謝
そしたら出来上がりはまさかのリバーシブル2色!
紫でないほうがいい現場や夏場は涼しい水色

彼女に作成依頼して
本当に良かった
って、改めて思う現場でした☆




頂いたお昼ごはん
神奈川の現場の崎陽軒の安定さ半端ないっ!

こんな地元に愛されてるの素敵
お弁当といえば!で出てくるポジション素敵
美味しゅうございました~


花翆流のみなさま
二代目も家元ももう本当気さくで良い方

もうちょっと
どういう状態でお仕事が舞い込むかわからない!
商品としての自分の媒体をしっかりしなくては!

と肝に銘じた案件でもありました


オープンしたばかりのYAMATO文化森も
すごく素敵な空間
きっと芸術があふれる街になるんだろうなぁ
杮落し~その一歩に携われて感謝

やまとアート100プロジェクト
密かにマークしておきましょう…


すべては出会い

花翆照サマ

本当ありがとうございました!
そして今後とも宜しくお願いいたします



2016-11-06 23:59 | をぢこやってみた | Comment(0) | Trackback(0)
ミンナデガンバル
20160613231639050.jpg

はだかものたち。
@参宮橋トランスミッション



致命的な怪我もなく
(チイサナケガアザハタクサン)
誰も欠けることなく
3日間の公演の幕を下ろすことが出来たよ


お客様、スタッフさん、出演陣…
そして目には見えないところで助けて頂いたであろう
多大なるさむしんぐ
本当、感謝してもしきれないであろう
ありがとうございました



大人数で舞台に立つのは実に5年ぶり

主催ひびやんからお誘いを頂いたとき

今回舞台の経験はほぼない主催者の旗揚げ企画
『白塗りのダンス公演』で
でも、さほどガチで踊れる人がいるわけでなく
でも、振付けは自分たちでやりたいらしく
でも、別に舞踏みたいなアングラではなく
でもでも、が続き
更に誰でも参加できる、ってスタイルを採用
だからダンス経験も舞台経験もない人もいて
という難しそうなお話だったんだけど

でも、結構素直に面白いモノになるだろうな
って直感、久々に参加することに

正直、メンタルが強くないので
人の言うコトに左右されやすいから
個人または相方とのパフォーマンススタイルになって以来
久々に『皆で作る』ってのをやってみたら
自分の弱み強み特性嗜好云々いろいろ再発見できて
すごく有意義な作品になった


自分が惹かれるモノは


未完成なモノ

おバカなモノ

しつこいモノ

理解不能なモノ

一生懸命なモノ

あったか味があるモノ

頭の中で好きに解釈できる余白あるモノ


で、主催者にはそれがあったから
きっとそういうものになると思って


作品練ってるときは
みんな悩んでぶつかり合って
いろいろ話し合った

なんでも初めてってのは大変で
稽古がうまくいかなくて
自分たちの作品を信用できなくなってる
というか自分たちが作りたいモノってのの
共有すらきっと出来ていない状態で進む時間
迷走感半端なかった時期もあるけれど

そんなときは原点を思い出して
作品全体を見てソコには何の役割があるか
ひたすら信じてわくわくする方向に進めばいい

大人数集まると、人間『普通』を求めだす
これは何をやっても感じること
普通のことをやるのもいいけれど
自分は普通なモノなら出たくない
だから、関わったからにはそうはなりたくなくて
当初の話ではこうではなかったはず!
と思うときは
生意気なことをたくさん言った


この人のこんな危険な企画に乗った時点で
普通のモノになるわけ無いんだよ~

他の共演者さんが言ってたけれど
本当、うっかり乗車しちゃった妄想電車
途中下車は許されない、行き先不明の妄想電車

んだけど
ちょこっとずつ参加人数が増えていき
みんなの個性が把握されていって
引出しが増えた分アイディアも多くなって

んで、小屋で音響さん照明さんに
入ってもらったらそら~
無敵だよ

あとは汗かいてこころから楽しむ

好みはどうしても違いは出るが
必死なモノには何かが生まれるはず

自分は必死さが見えにくく
誤解されやすいタイプなので
ちゃんと楽しく必死で
デキルでなく
シタイで動いたら

今のカタチで公演を迎えることがデキタ

本当、楽しかった。


20160613231926363.jpg


と、ダラダラ綴ったのでここいらで〆~

今回の相棒、ねぎ1号&2号とパシャリ


アリガトウゴザイマシタ☆

2016-06-13 23:35 | をぢこやってみた | Comment(0) | Trackback(0)
祝40な西瓜と南浦和



ひびやんお誕生日おめでたう

愛すべき40歳

ずっとそのままのあなたでいてくだされ





そんな主催お誕生日はラスト稽古

遠かったよ南浦和~

とりあえず六辻と武蔵は読めるようになりました

電車賃は1日1240円(辛)





ケーキ買おうと思ったんだけど

南浦和駅前のフルーツ屋さん

これ見て素通りすることが出来ず
バースデーケーキは急遽バースデースイカに

無理言ってナイフお借りして
店先でカービング
祝いの字が呪いに見えなくもないのはごAIKYOU





もうさ、これ見たらどんな公演か謎過ぎるよね

最終稽古まで
よくないシーンの底上げを試みてみた

みんなでディスカスディスカス



次は小屋入り~

おもいっきりタノシム~~~



2016-06-08 00:45 | をぢこやってみた | Comment(0) | Trackback(0)
<Prev
03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--