ナポリのカッフェスタンド
20161004210926838.jpg

プロチダ行きのフェリー
10:45の便が書いてあるのに
11:45しかないと言われた~
他の会社の窓口?と確認したけれどそうでないし
どうやらタイムテーブルぶん全部運航しているわけではなさそう…

1時間ほど空いてしまったので
歩いてプレビシード広場まで行ってみた

20161004205204642.jpg

ライオンにちびっこ乗ってます(威厳!笑)
めっちゃ広くて開放感!
大きな空にはたくさん飛行機雲っ

20161004205303576.jpg

踊っている人たちがいたり
自撮り棒を売っている人や
仕事してなさそうな警察官や
いろんな人がいて面白かった~

となりの王宮はさほど興味ないし
有料だしエントラータ激混みだったので中庭のぞき観して終了

20161004205453400.jpg

広場の角にあったカフェがとても気になった!
ケーキがかわいくて
シャンデリアきらきら内装が神々しすぎて
あ~きっとお高いカフェなんだろ~な~

こんなところでお茶したいわ~

と思いながら時間がないので
外からじろじろのぞくだけで終了したのですが
その後、宿に帰ってガイドブックを見ていたら

Gambrinusガンブリヌス
地球の○き方に「ナポリで一番有名なカフェ」

とあり、これは明日行かねばっっっ
と翌朝再来

20161004205622294.jpg

雰囲気的に結構お高いのかな?

と思ったら

エスプレッソ1、2ユーロ

カプチーノ2ユーロ

とある!なぬ!!

どうやら立ち飲みスタンドの料金らしく
優雅にサロンで座って飲むなら価格が変わるみたい
ケーキもかわいいのが3ユーロぐらいであった

どっちにしようか迷ったけれど
どんどこ人が来ては帰るすごい回転率のお客さんと
それをさばいている姿が見られる

20161004210041631.jpg

カウンターで現地人に混ざって頂くことにした☆
エスプレッソだからね、すぐ飲めちゃう
好みはエスプレッソでも無糖派なのだが
イタリア人は砂糖を入れるのが普通らしいので入れて飲む…

うまー!

…が、をぢこ小さなカップでは足らず(ダブルだったか~)
はしごをしてみることに

20161004210237572.jpg

ガンブリヌスから出てすぐ目に入った
現地のおじさんで溢れかえっているカフェ発見っっっ

入ってすぐにレジでエスプレッソを注文
何だ?と聞き返されたので
「カッフェ、エスプレッソプリーズ」
と言ったら2ユーロとのこと
さっきより高いんだ~と思ってレシートをもらい

20161004210546952.jpg

カウンターのおじさんにレシート見せたら
またなんだ?と聞かれたので
だからエスプレッソやがな~と思いつつも答えたら

20161004210630722.jpg

こんなん出てきた…
むむ?あきらかエスプレッソくない
と思いつつ飲んでみたら

甘いっ!けど
重いコーヒーきいてるからおいしー!

ミルク?クリームが濃厚でもはやデザートではないか~


あとから知ったのですが(地球の○き方に載ってた…)
Il Vero Bar del Professore イルヴェーロバールデルプロフェッソーレ

ここ、ガイドブックのカフェページの頭になるくらいで
コーヒーマスタープロフェッソーレがいるお店なんだとか

へーゼルナッツ風味のコーヒーcaffè alle nociolataが
有名らしい

英語通じない人(または私の発音が残念)と話して
日本人はこのオーダーをする~的な予測受注をされることが
ナポリはあったなぁ~
他の都市ではあんまりそう感じなかったんだけれど
(ジャポネはコレでしょ、的に注文聞いて来ない人もいた 笑)

おぉ、話がそれたが
多分私が飲んだ美味しい飲み物はコレなのでしょう…

味のバリエーション豊かで
サイズも小さくてリーズナブル
何よりイタリアおじさんのわちゃわちゃが
すぐ真横で見られるエンターテイメントだったりw


まぁ、今回は飛び込みしたけれど結果
ガイドブックに載ってるお店だったけれど
おさんぽ中に気になったらチャレンジしても
イタリアでならあんまり間違いはなさそう
混んでるお店はきっとおいしいはず

コーヒー好きならはしごしても楽しいかも!


カッフェナポレターノ☆

おいしいコーヒー満喫~(*∀*)



スポンサーサイト
2016-10-04 21:56 | うみのむこう | Comment(0) | Trackback(0)
帰国っ★
20150221090520a33.jpg


5ヶ月ちょっとのインド滞在と
3週間のスリランカの旅


無事帰国しました〜☆


スリランカベルワラの海辺で
アーユルヴェーダ三昧から始まり
世界遺産ゴールの街を歩く

インドでは始めての夜行バス移動
周りの人から痴漢に絶対遭うなんて言われて
不安だったけれど皆いい人で安心

着いたマクロードガンジの街は居心地良く
クラスメイトにも恵まれ
環境にも恵まれ
3ヶ月楽しく舞踏を学ぶ
毎週金曜日は発表会があって成長を実感

その後は1人で気になる街を見ながら南下
アムリトサルではシク教のお寺に宿やごはんを頂き
チャンディガルではアートを堪能
デリーでボリウッドミュージカルに感動
カジュラホでは初のインド人お宅訪問

その後、学校のツアーに合流

プシュカルの田舎で地元の人達とふれあい
日替りでいろんなお宅にお邪魔して
チャイやチャパティをご馳走になった
ラジャスタンの歌や踊りを披露してもらった
アジメールのイスラム教のお寺で写真撮られまくり
次の街ジョードプルまでまさかのラクダでの移動
毎朝毎晩なのでテント張り覚えた
火おこし覚えたチャパティ作り方覚えた
9日間ラクダといたからラクダのコトいろいろ知った
18日間お風呂入らないとか経験し
青の街ジョードプルの砦で皆と踊る

その後西から東への大移動
年越しをコルカタで皆でお祝いし
マザーテレサの家でボランティアした
シャンティニケタンで大学に潜入し
プリーで浜辺でドラムやマンドリンとコラボ舞踏

南下しチェンナイで10日間おしゃべり禁止の瞑想体験
マハーバリプラムでクリシュナバターボール流し見
オーロビルで黄金のゴルフボール流し見
ポンディチェリーで元フランス領街に癒され
チダムバラムで踊りの神様にご挨拶
コーチンでカタカリダンスと町ぐるみのアートフェス堪能

インドOUTの地ムンバイまでの電車チケットが
1週間前でも取れず焦り泣く泣く飛行機で向かう

行く予定だったプネの街をチラ見して
インド最後の夜は天下のタージマハルパレスで過ごす
建物好きにはたまらない素敵ムンバイの空港でインドにお別れ

スリランカの観光施設料金の高さに怯みつつ
ダンブッラの黄金寺院と岩窟寺観て
スリランカ1番のお目当てヘリタンスカンダラマ堪能
シギリヤロックはバスでいっしょになった
日本人のハタチの男のコたちとワイワイ登ってめさ楽しんだ
キャンディでは夢のヘルガズフォリーで珈琲

旅の最終地のコロンボでは人騙しに遭いまくるw
インドで慣れっコだったのでもちろん手口を楽しみ
なんの被害も受けなかったが
せっかく今までスリランカ人の人の良さに感動していたのにな
っとちょっと最後に残念

空港に早めに向かい


定刻通り、帰って参りました☆




詳しくは
ちょこちょこさかのぼりブログ更新するかと
興味ある人はのぞいてみてね



旅のあいだ、
日本では悲しいニュースもあったみたいで…
心配のメッセージもらったりしました


本当、送り出してくれた家族に感謝

たくさんのおかえりの声に感謝





イコクに長期滞在だったからこそ感じたコト
いろいろあった

きっと私の人生にとても必要だったコト

たくさんのキヅキ


アーティストとして
人として


日本で
楽しく進んで行こう。



これからも
をぢこをよろしくお願いします(*∀*)






2015-02-16 09:19 | うみのむこう | Comment(6) | Trackback(0)
チャンディーガル観光☆
午前中はロックガーデンを堪能し
後は他の見所を流し見でもしようと
リキシャでローズガーデンへ

201412071503179dc.jpg

わーいミッキーだぁ☆

ちょうどお祭タイミングだったようで
チャンディーガルフェスティバル!
公園の中ではいろんな催しで賑わっていました☆

201412071503171bd.jpg

エッフェル塔?とインドのコラボ

201412071503170be.jpg

あ、ドラえもんw
彼とは世界中どこに行っても出会いますね

201412071503176e7.jpg

お祭出演待ちらしき衣装がすごいお姉さん
皆が写真を撮ってたけれどガン無視
笑顔はもちろん視線すら動かさず〜でしたが
日本人は珍しいからか私のカメラにだけは
顔を向けてくれたっ!嬉
めっちゃビューテホーだと連呼しといたw

20141207152116c75.jpg

演奏が始まるとお祭どんちゃん騒ぎ☆

201412071521165e9.jpg

ピエロ?大道芸人が出て来てさほどたいしたことない(失礼)
ジャグリングでも大盛り上がりっ
インドの観客は反応がいいから楽しくなっちゃうね
いいな、お祭大好き民族
日本もお祭好きだけれどまたちと違う感じ


…と、行けども行けども薔薇がない

はて、と聞いてみるとココはローズガーデン
ではないらしい(爆)
リクシャのおじさんにやられた〜

けれど公園の向かいに
ちょうど美術館があったので行ってみる

20141207155557275.jpg

チャンディーガル政府博物館&美術館

20141207155716152.jpg

インドの歴史的彫刻から
今年描かれたばかりのモダンアート
そして企画展だったのか中国の食器とかもあってw
バラエティ豊かで見ごたえあった☆

若手の作品はどれも面白くて洗練されていて素敵
あとSant Thakar singhってインド人画家の作品も素敵
表情が気になっちゃう女性画がたくさん展示されてた

201412071555574e5.jpg

チャンディーガル建築博物館
言葉わかんないからなんともですが
建物素敵だしレプリカもあって
私はココで街の位置関係が把握出来たっ!
ローズガーデンは隣のセクターで
その後セクター18のホテルまで歩こう、ふむふむ

20141207155557f19.jpg

チャンディーガル自然史博物館
3館共通チケット(10ルピー)で隣接だから入ったけれど
まぁ、時間があれば、な感じでかな、個人的に
化石や恐竜のレプリカがあって
時々笑っちゃうようなお粗末なものもあり
そういうとこでもインドを感じましたw

20141207165131feb.jpg

自然史博物館前では
オールドカーの展示があったり

2014120715571651c.jpg

かわいいバスが停まっていて
中でガンジー展も特設されていて
賑わってました〜そいえば休日なんだね

201412071702139ec.jpg

そして隣のセクターのローズガーデンまでは
方角さえわかれば近くだった!
広大な敷地に咲きまくる薔薇たちと
たくさんの人々
すごい数の人だけれど
すごい数の薔薇と
すごい広い公園だから
全然ゴミゴミしていないの
東京にあったら素敵なのに人だらけで落ち着かないんだろうなぁ
こんな場所があると心が落ち着くんだろう
家族や恋人友達とボケ〜っと出来る場所
日本には、東京には?それが足りないと感じた

20141207170213da2.jpg

全部見尽くせない品種の薔薇たの中で
1本にたくさんの違う色の花を咲かせる種類のコたちを発見っ!
束ねなくても天然ブーケ!!驚
名前見てくるの忘れた…

キレイだったなぁ☆


たくさんの薔薇に癒され
あとは
17セクターの近代的なモールを楽しく通り抜け
18セクターの宿に戻ったチャンディーガル2日目。




2014-11-30 23:30 | うみのむこう | Comment(0) | Trackback(0)
ロックガーデン@チャンディーガル
20141202184059e6d.jpg

ここを観るためにチャンディーガルにやってきたっ
ネック・チャンド・ロック・ガーデン☆

ネックチャンドサイニさんが
夜な夜な20年かけて廃材で作品を作った壮大なお庭

20141206185313919.jpg

こんなんとか

201412061853133db.jpg

こんなんとか

201412061853137b3.jpg

こんなんとか

20141206190151957.jpg

こんなんが

20141206190151de8.jpg

ズラーっと

201412061906332b2.jpg

ズラ〜っっと

20141206205548710.jpg

ズララ〜〜っと
広大な敷地に並んでいますw
かわいすぎてツボ☆

2014120620554865c.jpg

ずらっと並ぶ巨大白馬の下にブランコがあって
カップルがラブラブしてたり

201412021858229cc.jpg

へんてこ壁画がたくさんあります
目の光の部分は鏡の破片を使ったりしていて
なかなか芸が細かいです(感動)

2014120621080640c.jpg

アートだけでなく
池や滝とたくさんの緑〜っ自然を満喫できる

2014120621080656f.jpg

恐らく彼の作品ではないラクガキさえもかわいい☆

20141206211300f40.jpg

そしてココでも例外なくインド人に囲まれるw

20141202185610e06.jpg

インド人って写真写るの好きだよね
ピンクのおばちゃんが1人でいるとこ撮ろうとしたら
俺も!っと入って来たおじさん
この写真、仲睦まじい夫婦かと思いきや
赤の他人ですw
後ろにいる遠足の軍団にもこの後絡まれる私


他にもめちゃ写真撮った!
けど、キリがないんでブログではこんな感じで。


入場20ルピー
ゆっくり2時間、堪能しました☆





2014-11-30 19:04 | うみのむこう | Comment(0) | Trackback(0)
チャンディーガルへ
2014120101523169c.jpg

寺院の前の焼き芋が美味しそうだった!
インドでは焼き芋にレモンが付くみたい
確かにレモンあった方が旨そうだ(食べてないが)


アムリトサルに着いて
翌日のチャンディーガルへの移動について聞くと
電車だと3時間半だけれど
朝5時か、夕方5時発の2本とのこと

バスは1時間に何本かあるので
タイムテーブルは無い、
と2人に言われたのでそうなのであろうと
予約はせず、朝日が登る寺院を拝んでから
そんときのタイミングで移動しよう〜

と思って起きたら8時っっ!笑

夜着の電車は考えてなかったから
朝発の電車予約しなくて良かった〜

とトロトロ支度して
ゴールデンテンプルにお礼を言って出発

今日は移動だけの日で急いで無いから
バスターミナルまでは歩いて行こう
っと思っていたけれど
リクシャの若者と目が合って
料金聞いてみたら20だとのことで
煩わしい交渉しなくて済んだし
なんか人が良さそうなまだ若い男の子だったので
リクシャで快適移動〜

それだけでなんだか嬉しくなってしまうインド旅(笑)

バスターミナルで
チャンディーガル行きの場所に行くと
10分くらい待って乗車することが出来ましたっ!
AC付(別にいらんが)278ルピー

10時半に出発して所要時間5時間とあったけれど
4時半過ぎにチャンディーガルに到着
ちょっと遅れたかね

セクター43のISBTに降りた途端
またリクシャの客引きに遭うが
バスの表示にセクター17と見えたので
運転手に確認して出発寸前で飛び乗る(笑)

チャンディーガルのバスは
電光で行き先の表示があってわかりやすいっ☆
17までは10ルピーで良かった!

…のですが
考えが甘かった

チャンディーガルは安宿が少ないとのことで
あらかじめ予約しておいたのですが
ホテルは隣の18セクター
隣のセクターまで行けば歩いて行けるだろうっ
と思っていたのですが
1つのセクターがめちゃ広い!
うろうろしてから結局荷物担いだまま
別方向だったときのリスクを考え
リクシャに連れってってもらいました(笑)

201412010124143a8.jpg

連日の移動で疲れたので
チェックイン後は何も考えなくて良い
久々、目に入ったマックへ

マックフルーリーも
マックナゲットも
日本と同じ味で安心(笑)

…だけどインド生活に慣れてから見てみると
過剰包装加減、食べ終わった後のゴミの量にびびる
紙ナプキンたくさんだし
砂糖2つも付いて来たし
プラスティックマドラーと
マックフルーリーには立派なスプーンが付いて
よくわからん食べにくくするだけの上蓋
コーヒーにもキャップ

いらんもんばっかだ〜

そして数十ルピーの差をケチケチしながら
生活していたけれど
マックで一気に230ルピー使ってしまった…
230あったらいいもん食べれるし
(今迄の生活なら外食2〜6食分だわっ驚)
日本円で400円ちょっとだから
日本で食べるのと変わらないっ

う〜む、いろいろ考えてしまった。


あとはホテル周辺をちょこっとお散歩して
大豪邸だらけでびびって
部屋でLINEで妹とテレビ電話しながら
ゆっくり過ごしたチャンディーガル初日☆



2014-11-29 00:11 | うみのむこう | Comment(0) | Trackback(0)
<Prev
03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--