白髪まじりのナイスな
セミナーを受けに東日本橋へ
う~む昼過ぎに動き出す生活に慣れてしまってからの
朝のお出かけはかなり億劫…
起きてはいるけれどモタモタ準備~

っと、ふとよぎる



こんな機会でもないと滅多に足を運ぶことがない街
東日本橋~
なんかいいお店でモーニング食べれないかしらん

と検索したらGoogleサンに駱駝はいかが~
と言われて

なんとなく素敵な予感がしたので
ダッシュで準備っ
予定より30分早く出ることにしたっ!


…飛び乗った電車
そうだそうだよ、久々の通勤時間電車
めちゃツライわ~

と乗換えで待ちでボーっとしてたら

肩トントン

振返ると
白髪のおばさまが

「あのね、これ裏返しだと思うの」

「!!!」

急いだ代償やっちまったーーー

「素敵なお召物だわ~っとじっくり見てたら気づいちゃったの
 普通にしてたらわからないと思うのよ」

なんてナイスフォローまで頂いた
すごくお上品でサラリと発されたコトバはとても素敵に聴こえた
柄が個性的なおきにいりな羽織を
他の、しかも世代も違う、品のある装いの方に褒めてもらえる

なんかうきうきなった


東日本橋に到着し
居心地良さそうなちょっとお洒落仕様ドトールの前を通り過ぎ
メインから1本裏の静かな路地を歩くと目的地到着

初めての人間にはめさ入りづらそうな入口
む~
戻ってドトールにしようかしら
なんて考えがちょっと頭をよぎりながらも
せっかくだから~えいっっっとドアを開ける

いかにも常連~
ってなおじさまたちの店内
あ、なんか居心地悪いかも…

なんて一瞬思ったけれど
1テンポ遅れてかかったマスターの「どうぞ」
でそれも払拭されて席に着く

はっ!

メニューを見たら
モーニングは10時までとあるっ!!

なんで考えなかったんだろ~
自分の中でAMはモーニングという頭があるらしいことを発見(笑)

店内の時計を見ると10:04
(私の携帯は10:01ってなってるけれど)
店内BGMなラジオは完全に10時過ぎの内容

愕然っとなりつつ
いんやいんや
数百円しか違わないんだから
普通に食べたかったもの食べようって
思考修正して予定通り単品でブレンドとトーストを注文




珈琲がマイルドですごくおいしいっ!
久しぶりに本当の意味でおいしいと思ったわ~

このまろやかさはなかなかな「らくだブレンド」
丁寧にドリップしたこの絶妙なのは
量販店じゃ味わえないっす
あっちでなくてよかったと思わせる逸品




他のお客さんもいなくなって
マスターと2人になったら
話かけてくれて
話をした時間は数分だけれど
おどろくくらい今の自分に素敵なことばをたくさん頂いた
きっとマスター的には普通のことをサラリとね

店内は駱駝って店名だけあって
壁にも棚にも天井にもラクダがいてわくわく
聞いたらほとんどが貰い物らしい
ラクダをみたらきっとこのお店を思い出し
そのたびにこのお店に持ってくるのでしょう
すごい数で聞いたらこのお店39年目なんだそう

長い年月をかけて築いたものの凄みしみじみ


セミナーの時間になったのでお会計をすると

モーニング価格になってた

「私間に合ったことにしてくれるんですか??」

「小さいことは気にしんよ
 儲け主義でやってるんでないんだから
 おじさんの道楽
 …でも若い人はこんなことしちゃいかん
 若い時はちゃんと貰うもの貰いなさいよ」

めちゃ染みた


私も駱駝マスターの歳に近づく頃には
そんなことを言えているカッコいい人間であろう
 

そんな素敵な出会いからはじまりの日
きらきら。


スポンサーサイト
2017-06-16 22:41 | そらもよう | Comment(0) | Trackback(0)
渋谷でっ☆
20170609001_n.jpg

はだかものたちでいっしょになったメンバーと
イベントについての打合せ@渋谷ガスト

30代女子4人で…会計1200円
ごめん、飲食店泣かせだわ


ひさびさ外部でイベント出演的
創作タイムです


はだかものたちからちょうど1年かぁ~
全然もっと以前からいっしょにいるような


これからたのしみ。


2017-06-09 22:30 | そらもよう | Comment(0) | Trackback(0)
ダーズ3女のしあわせな門出の宴




東京で演劇をはじめた頃からのおともだち
ダーズかおりゅんの結婚式!
ダーズとは彼氏なし女子が
「素敵なダーリンを作ろう」
から始まったドラクエという演目で繋がった女子4人のユニット(笑)
そんなかおりゅんも無事素敵な旦那サマと出会えたんだわっしょい

新緑じゃんぐる素敵なガーデン
とても東京の真ん中とは思えない空間でぴかぴか花嫁っ










シルバーやグラスがめちゃんこかわいいっ
おいしいお料理たちっ




なんと新郎新婦がお肉を切り分けるという演出がっ!
おいおいめちゃんこ分厚いから~!!(素敵)
「いっぱい食べてね」のコトバ通り
なんとお肉のおかわりが回ってきたよっ(驚)
欲張っておかわりしたのはいうまでもありません
お肉めさやわらかでウマーでした




みよっ
このかおりゅんの麗しさっ!!!
いつも花嫁マジックすごいなぁ~と思うけれど
かおりゅんは格別お美しかったのは言うまでもない
(かわいいばかり言っていた人←ワタクシ)



ダーズで撮影
(禁止事項:をぢこの腕の太さに目を向ける)


20170513093644746.jpg

宴のあとはダーズ3人でまったりお茶
このコはブーケトスならぬニャンコトスのにゃんこ
まさか猫が降ってくるなんてっ(笑)
ブーケだったら遠慮するけれど
ニャンコは落とすわけにいかないね~
なんてお話しながらも後ろのほうでボーっとしていたら
前の数名の女子の腕をバウンドしてをぢこの元にやってきましたよ
めちゃかわいいっ
命名:ニャンコトスの「コトスちゃん」

みきてぃとはらだまとおしゃべりタイム!
めちゃいろんな話をした~
次は是非ともみきてぃの嫁ぎ先カナダで集合したいっ
実現するぞカナダーズ☆




長い年月をかけ
みんなそれぞれの場所ができて
カンタンには会えなくなってしまったけれど
だからこそまた会えるときを楽しみにしよう

 
かおりゅん、おしあわせに(^^)



2017-05-07 19:23 | そらもよう | Comment(0) | Trackback(0)
さくら坂


福山雅治氏の『桜坂』
ご近所なので行ってきた

普通の住宅街にふわり現れる桜の群れ

メロディをなんとなく知ってるだけでしたが
今更ながら歌詞をちゃんと見てみたら
失恋の曲だったのね
頭のなかで福山雅治に歌ってもらいながら






香る、桜坂

まだ3分咲きくらいかな




2017-04-04 13:02 | そらもよう | Comment(0) | Trackback(0)
ひとり都営線の旅


オーディションが森下であったので
五反田から都営線~
っと切符買おうとしたら本日ワンデーパスの看板☆

やたー


わくわくで挑んだダンスオーディションは
自分の弱みをまざまざと
実感させられた感じで完全たる撃沈っ

その場で落選が確定したけれど…
参加してよかった
負け惜しみなんて出来ないレベルで
課題がはっきりして

そして何より物事が出来上がって行く過程は面白い
久々にこういうの楽しかった


五反田⇔森下間だけでも
既にワンデーパスのもとは取れているが
せっかく東に来たので



大好きな楽の油そばを食べるためだけに
末広町へ…笑

もりもり大盛400gを完食し
せっかくなのでアーツ千代田3331にも立寄る




と、自由の女神が寝ている…
自由ですね

エントランスでさっそくアートがお出迎えしてくれました




中に入るとすごい人
なにやら有名なCGアニメーターの展示が大盛況




くしゃくしゃの紙だって
題名つければ素敵な現代アート
きらいぢゃないです
むしろ今回1番こころ鷲掴みされました




復興リーダーインタビュー映像展示
東北3.11の復興を考える現地の人たちの声
1つ15分超えの映像を7人分見るのは
ちと大変なので
目にとまった
大船渡市にあるイタリアンレストラン
ポルコロッソのオーナーシェフ
山崎純さんのインタビューを拝聴しました

震災当時電気水道ガスが止まるなか
おにぎりを作り配ったそう
最初は60個からはじまり
だんだん協力者も増え
1日2000食を避難所に届ける活動になったのだとか

「不平等支援」
ってコトバ
刺さりました
行政の非柔軟さが現場としては辛かったのかな
というのをとても感じました
平等だけではやっていけない
現場とお上のルール…
現場では意味を成さないルールのために
動きをとめられることって、ある

いろいろ考えさせられました
なにかおきてしまったらうごく
それをこころにきめている

自分なりの動くこと、考える



3331の入口で
ワイン30種銘柄飲み比べのイベントが1000円で参加できる~
とあり、こりゃ帰りに参加するしかないっ!
なんて思っていたのですがいろんな表現に触れていたら

あ、わたし
ワイン飲んでる場合でない
家帰って作品作りしたい

ってなってワインやめて
浅草に買い物行く予定もやめて


御徒町で画材買い足しして
帰宅しました


自分が今やるべきこと

整理させてもらった


ひとり有意義な
春のおさんぽDAY☆


2017-03-18 20:16 | そらもよう | Comment(0) | Trackback(0)
<Prev
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--