ゆらゆらたびびと

をぢこのじんせいたびざっき
    wowo164864.jpg IMG_4013.jpg

ナトワとおさんぽ

観劇ついでに
久しぶりに荻窪行くぞー
ってなわけで大好きな中央線エリアにわくわく

これはランチ行かなくては!
ってなわけで食べログで検索してみた結果
ちょっと気になったナトワさんに行ってみる

場所どこだろーって迷いそうになっていたら
あ、ココだるま座(劇場)のとなりじゃあないか♪





入口いい感じです

内装もこじんまり落ち着く

ランチは1種類のみ!
1,500円コースだけで
メインを肉か魚かで選べます

ナトワさんはこだわりワインのお店とのことで
口コミで「500円でこの銘柄が飲めるなんて~!」
との声続出だったので
コースをより楽しむために1杯注文すると…





こんな感じで並べてくれてっ
ワインの特徴をひとつひとつ教えてくれたっ
悩む!
猫のラベルが気になるけれど(猫好き)
それよりも気になってしまったのは

「なかなかお目にかかれない代物
 強烈な個性、けもの臭がします」

これだー!
悩んだけれどけもの味~これは飲まねばっ
とトスカーナワインにしました

相方は人気ありそうなドイツワイン

ワインの特性に合わせて違う形のグラスがやってきて

お味は~

お!重い!渋い!いいねっ
って思ってちょっと時間差で
口の中に、確かにいるよ、けものけもの!!
後味が味わったことない風味でした(満足)

相方のはフルーティでお上品で
比べると色も全然違った
ワインっておもしろい☆





前菜のお野菜はどれも味が濃い!
前菜なのに肉も魚も入っている!
まいたけのスープが濃厚でめっちゃおいしい!!
ぴかいちスープ…これだけでもシアワセだわ

写真は撮らなかったけれど
焼き立てのパンもめちゃおいしかった~
パン食べたい欲が見事に満たされる





メイン!
をぢこは魚にしましたが
フリットだったので
撮影してもしずる感が出せず
写真は相方の子羊ちゃん
やわらかジューシ~




デザートは紅茶プディングとガトーショコラ
大きさがちょうどいい
珈琲とおいしく頂きました

コスパ最高だぁ
この後予定がなければ
パンおかわりもらって
ワインももう1杯いってしまったかもしれない…


ほくほくほろ酔いで劇場へ

面白い作品を観た後は
話はずむ

んでまだちょっと早いし
どうせならば高円寺行きたい!
てなわけで楽しくお散歩






アートなお店前で記念撮影(笑)

阿佐ヶ谷~
お店は入れ替わっててほとんど
知らないお店ばっかりになっていたけれど
商店街にはかわいいお店気になるお店がたくさん


懐かしの高円寺では
古着屋、アジアン雑貨見て

メイドインイタリーなカーディガンと
お買い得なコーヒーをGetして
手作りパン屋さんでカレーパン買って
駅前広場でかじる


久々の中央線エリア満喫


よい休日でした。


スポンサーサイト

初PPC

20161118001.jpg

POWER PROJECT クーデター第57反乱
『もしも魔女がシンデレラ級のヒロインになったら』

荻窪小劇場


「はだかものたち」の共演者が出演する舞台
しかも話を聞いてみるととても気になるぞっと
いうことで6月からとても楽しみにしていた公演っ☆


久々の観劇です
感激です
泣いた~笑った~
なんとなく好きなんでなかろうかとついて来てもらった
相方もばっちり楽しんでくれていてよかった

ファンタジー設定のエンタメ舞台
でもストレートにファンタジーぢゃあない
あざとくないから
ひねくれ者にも
いろいろ迷っているものにも
メッセージは伝わるはず
Yes、あきらめない、絶対。

そしてすべてを帳消しにできるアナログ感
好き

ジジの梅本麻由さんの熱量が半端なくて
圧倒的存在感のマガ様ことマーガレットイゴールルーム
某ジャクソン夫人のアルベルノートが可愛すぎた
かっちゃんもハマリ役でかっくいかった
抜け感とイイ声が絶妙なHiroka Denzyさん


今回改めて感じたことは
ちょっと台詞が聞き取れない役者さんがいたり
袖から私語が聞こえたりと残念部分はあったが
それを帳消しにして楽しくできる
「結局は脚本演出力だな~」
ってのが1点と

その反面で感動させてもらえたのは
きっと主演の圧倒的パワーが大きくて
「やっぱ役者ありきだな~」
っと相反することを強く感じた
うん


有意義な150分!
終演後「長かったでしょ」って言われたけれど
飽きなかったから大丈夫って思ってたら
まさか2時間半はびっくりした(笑)
確かに、このきっかけ量でこの時間は稽古も公演も大変だわ大作

楽しかったので
ほくほく感想言い合いながら
阿佐ヶ谷高円寺までお散歩して
帰ったのでした





残り明日明後日の公演も
楽しく怪我なくぶっとばしてくださいな(*∀*)


摂取するいいものをシンプルに感謝して




シンプルかんたん夜ごはん

この頃おいしい食材をおすそ分け頂く機会ができて
自炊が楽しい

オリーブオイルに塩コショウ

もう、それだけでごちそう


素材の味を頂くのだ


作り手の顔がわかる野菜
スーパーの特売の野菜とはこうも違うのか

4玉250円のたまごの味に慣れたら
この前入った牛丼屋さんのトッピング的
生たまごの色の薄さと味の無さにびっくりした
味覚てすごいね

最近まで安けりゃいいって思ってたけれど

大事だわ、素材の味

高価なのにはわけがあるね
作り手にも労力や愛情に十分な対価を





久々に愛猫に猫草を与えてみたら

すごい食いっぷり

すぐなくなった

草をわしゃわしゃっっっ

そう、そんな感じ


GYAOで逃げ恥見ながら(テレビないから)
猫なでてビール(はずせません)


しあわせ~☆おうちごはん(*∀*)



第57回津田塾祭☆小平サーカス



小平中央公園の銀杏がきれいっ
この色くらいが一番好きだったりする
いいお天気の中輝いてるね

昨年も参加させて頂いた小平サーカス@津田塾祭

名門お嬢様大学キャンパス
普段は関係者以外入場できない学園敷地内で
みんなで大道芸~
なんてありがた素敵なのだ

きもいこわい言われながらも
をぢこ暴れて参りましたっ☆

昨年もいたよね!
と気軽に声をかけてもらったり
仲良くしてくれる警備員さんがいたり
ほんわかな空間

いちばん嬉しいひとことは

「俺、この津田塾祭でコレが1番感動したわ」

とをぢこを観ながらつぶやき
ちょっとしたら違う場所にいた学生さんを連れて帰ってきた!
んで

「マジすご、尊敬の域だわ」

なんてお友達も言ってくれたんだな

地味だし、ただ固まってるだけなんだけど
そんなこと言ってもらえるなんて光栄すぎる
ありがとう、若者たちっっっ(涙)





ちびっこが小平サーカスメンバーみんなの
イラストを描いてくれたっ!
めちゃかわいいし皆特徴をとらえてるわ~(嬉)

…をぢこ、こんなかわいくないけど、いい?(笑)

ムードメーカー明るいもっきー
しゃべらないのに破壊力すごいてるやん
やさしい足長きーくん
達者マイペースたかぱーちさん
お久しぶりの不良じゃなかっただんちょー
お初でテンポ良いショーが素敵なぱわぁさん
会うたび成長がこわい草志くん
とにかくアツいジローさん

みんなありがとう
またごいっしょ出来るのがタノシミ

津田塾のみなさんありがとう



裸体まつりっ!原美術館

今年の1月にご招待券を頂いて
有効期限1年だから当分大丈夫~
なんて思っていたら時の流れは早い
あっという真に期限前だね

年末多忙になる前に!
と行ってきましたは原美術館~



原 美術館
 ↑
このスペース気になるっ☆

2度目の原美術館
相変わらず緑あふれる素敵スペース
今回はこのお庭に裸の女子があちらこちらに…

篠山紀信写真展『快楽の館』

入館するや
奇抜なでっかい
「全裸で躍動感満載で踊る女子たち」
がいっぱい(笑)

たまたまラジオで
紀信さんがこの展示についてトークしていたのを聴いたのだが
ポールダンサーさんたちと楽しくこの庭で撮影をしたのだとか

写真の舞台がちょうど現地なので
ここであのポーズしていたのね、とか
この空間をこう使うか、とか
きっと気持ちよく踊ってたんだろな、とか
撮影中を想像出来て面白かった

私も外で踊ってみたいな
インドでは裸に近い状態で踊ってはいたが
日本じゃ乳首が透けてしまうことすら気にしちゃう日常
(あ、いや、この頃気にしてないか/爆)


でも、あんまり「快楽」感は感知せず
どちらかというと「裸なのに健全」
という個人的印象


他の展示では

宮島達男「時の連鎖」
宮島さんの作品は2度目
個体差を感じる時の経過、
マックス値から無への虚無、
真っ暗闇でいろいろ感じました


ジャン・ピエールレイノー「ゼロの空間」
迫りくるタイル空間の放つチカラ
シンプルだけど空白に込められているもの
自分勝手に空想するのは面白かった
うん、ここでダンス撮影とかしてみたい


3回目の鑑賞はいつになるかな





原美術館、アートな時間をごちそうさま☆